スポンサードリンク

 

日本の公共放送

NHKとは日本放送協会の頭文字で公共向けにテレビ放送を行っている

特殊法人です。

民間放送とは違いNHKは商業目的ではないものの国営ともまた異なる

運営形態が採られているので受信料という形で視聴料が徴収されます。

NHKが担っているのは主に地上デジタルとBS放送の2つで

どちらもさまざまなジャンルの番組が充実しているのが特徴です。

NHKの番組の特徴☆

現在割り当てられているチャンネルは地デジが2つとBSが2つの計4つです★

4チャンネルの放送波が割り当てられているのでNHKには番組表を

充実させる義務と番組1つあたりの質を高める責任があります◎

地デジとBS放送の内それぞれ1つは教育用途に割り当てられていますから

どれだけ教育に力を入れているか分かります!

番組表に目を向けると分かるのは子供向け番組を始めとして

各年代が楽しめる番組が充実していることです☆

力を入れている教育分野は勿論、笑いの切っ掛けとなる

バラエティーであったり歴史や科学番組も充実しています♪

NHKを視聴したい場合は放送波に合わせてアンテナの設置を行い

テレビのセットを終えれば始められます(^^)

BSの有料放送とは異なりスクランブル放送は行なわれていないので

アンテナとテレビさえあれば直ぐにでも番組を見ることができます★

受信料について◎

視聴環境を整えるとNHKの受信料が発生します☆

受信料の支払いは未契約世帯を回っているNHKの担当者か

NHKの窓口に直接問い合わせて契約を結ぶのが基本です♪

契約しなくてもテレビ番組の放送自体は映るので契約せず受信料を

支払わなくても良いと思われがちです(>_<)

しかしNHKは受信料で成り立っていますから番組表に目を通して

見たい番組が1つでも見つかったら支払うことが大切です★

地上波の契約は1ヶ月あたり千数百円BS放送は2千数百円と

地域によって異なります◎

民放は無料なのにと思いがちですが、スポンサーのないNHKだからこそ

できる放送もあるので支払いは前向きに検討したいところです☆

逆に引越しやテレビの撤去で解約したい場合は早めに解約を申し出て

契約を終了することが肝心です(^^)

必要な時適切なタイミングで解約を行なわなければ銀行口座から

自動的に引き落としされ続けてしまうでしょう×

幸いNHKは振り込みと引き落としの2種類を用意しているので

トラブルを避けたい場合は後者を選ぶのがおすすめです★

問い合わせたいときは?

NHKの魅力は知れば知る程金額以上の価値があると分かったり

スポンサードリンク

教育で役立つ教材にもなると気が付けることです★

例えばfor schoolは学校向けの教材番組でテレビの強みが活かされている

教育の現場で使える高品質な動画が魅力的です◎

小学生向けが中心ですが中高生であったり未就学児向けも

用意されていますからfor schoolは幅広い年齢層の教育に役立ちます!

NHKでは視聴者との接点を大切にしているので代表的な窓口となる

お問い合わせ電話番号が用意されています☆

ほかにもメールと手紙やFAXと電話が苦手な人に適した窓口もありますから

お問い合わせ電話番号と共に何時でも知りたい内容や伝えたいことが

やり取り可能です♪

それぞれの連絡先はホームページで確認できます◎

NHKのホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧