スポンサードリンク

 

個人向けのインターネットバンク

ソニー銀行とはソニーや三井住友銀行などの出資により2001年4月に

設立された比較的新しい銀行です。

取引提供サイトの通称をMONEYKitと呼び、個人資産管理を主な収益の

柱として営業しています。

インターネットバンキングは24時間いつでも取引可能でホームページからは

為替情報や金利などがすぐに確認できるようになっていて

取り扱う外貨の種類と為替手数料の安さはソニー銀行の特徴と

いえるでしょう。

ソニー銀行の特徴◎

ホームページからのログインはセキュリティー強化も図られており

個人の資産家で上手に運用しながら資産を増やしていきたい人にとっては

有力なパートナーとなりうる銀行です♪

ATM手数料はセブン銀行やイーネットのコンビニ系の銀行のほか

三菱UFJ銀行や三井住友銀行での利用も月4回までは無料で可能です★

月4回もあればほぼ手数料がかかる心配はないのではないでしょうか?

インターネット銀行ではコンビニなどでの手数料が0円は

増えてきていますが、都市銀行系でATM手数料が0円で利用できるところは

決して多くはありません×

よりいろいろなところでのATM利用がしやすいのも

ソニー銀行の特色と言えます☆

振込手数料と優遇プログラム★

振込手数料は自分の口座を持っていれば月に1回は無料

さらにSony Bank Walletに加入していればプラス1回の

合計月2回までの振込手数料が無料になります◎

私自身はこの2回で充分なので無料で助かっています(^^)

それ以上の他行への振り込みは1回216円です☆

ATMの営業時間はコンビニなどでは基本24時間利用可能ですが

毎週日曜日の21時~翌朝7時までは取扱いできません×

カスタマーセンターではカードの紛失などの緊急事態には24時間対応

そのほかのローンなどは平日9時から20時まで、土日祝日では

9時から17時までで休日でも相談などができることは個人資産家の

運用には便利な味方になるといえます♪

取引が増えれば増えるほど手数料や為替コストなどの

優遇プログラムもあります(^^)

Club Sという優遇プログラムでは月末の預金残高や外貨預金の

月間積立購入額、投資信託積立プランの月間合計額や月末投資信託残高に

応じてシルバーからプラチナステータスの3段階に分けられ

それぞれのステータスに応じて優遇が受けられます★

さらに住宅ローン残高や外国為替証拠金取引の月間取引に応じて

ランクアップの制度もあり使えば使うほどお得にソニー銀行が

スポンサードリンク

利用できる仕組みです◎

ホームページで情報をチェック!

ソニー銀行の収益の一つの柱となる住宅ローンでは取扱手数料に応じて

2つのパターンを選ぶことができます☆

取扱手数料を安く抑えたい場合は借入の金利はやや高いものの

手数料が一律43,200円のプランと手数料が借入金額の2.16%ですが

借入金利が低く抑えられているプランの2通りがあり

自分の資金や借入や返済計画に応じて選択することができます★

振り込みの際にはソニー銀行には支店が一つだけ本店営業部しか

ありませんので支店コードは001だけです◎

ほかのインターネット銀行ではいくつかの支店があることが多いですが

ソニー銀行は1つだけなので迷わなくて済み便利な部分かもしれません(^^)

ソニー銀行の金融商品やサービスをより知りたいならば

ホームページに詳しく掲載されていますので読んで見てはいかがでしょう?

ソニー銀行のホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧