スポンサードリンク

 

三井住友銀行の子会社

SMBC信託銀行とはメガバンクとして有名な三井住友銀行の

100%子会社として運営されている信託銀行です。

似たような存在として三井住友信託銀行がありますが

それぞれ独立した信託銀行になりますので

基本的には独自のサービスで運営を行っているのが特徴です。

歴史的に見るとまだそれほど古くはなく、2013年に三井住友銀行が

ソシエテジェネラル信託銀行を買収して誕生したという経緯があります。

2015年にシティバンク銀行の一部の部門と統合を果たし現在に至ります。

SMBC信託銀行の金融機関コードと営業時間★

SMBC信託銀行の金融機関コードは0300で全国各地に支店やATMが存在します◎

支店においては全てに支店コードが設けられており

SMBC信託銀行のホームページから全ての支店コードを確認できます☆

青山支店なら020、赤坂支店であれば731、インターネット支店は090です♪

金融機関コードは通帳にも記載されていますが、手元にないときは

ホームページで調べる方が早いですね!

営業時間もホームページで調べることが可能です!

例として青山支店であれば平日の9時~15時までが窓口の時間になります★

土日や祝日は休業日です(^^)

店内に設置のATMであれば1階に設置の機械で24時間年中無休

8階にあるATMだと平日の9時~15時まで使えます◎

SMBC信託銀行の口座の特徴♪

口座開設はSMBC信託銀行のホームページから行うことが可能です☆

信託銀行ですので銀行とはまた違ったサービスが受けられるのが

メリットです♪

通常の円普通預金口座を作成することができますが

さらに円普通預金と外貨普通預金のプレスティアマルチマネー口座と

米ドル普通預金口座の3つを同時に作ることが可能です◎

こういったことができるのがSMBC信託銀行の魅力のひとつです?

プレスティアマルチマネー口座は資産運用に特化した口座で

円のほか米ドルやユーロ、英ポンドなどで預金することで

効率良く資産を増やすことができます♪

米ドル普通預金口座は米ドルで口座管理する内容です★

口座管理はインターネットバンキングを利用すれば簡単にできます!

SMBC信託銀行のホームページからログインすることで利用可能ですが

ログインの際にユーザーIDとパスワードを入力します☆

自分専用のページで口座の確認ができたり振込や海外への送金

振替などが行えます!

外貨取引や投資信託、為替オプション付仕組預金の取引も可能です(^^)

手数料について☆

ATM手数料はプレスティアゴールドや100万円相当の預け入れの

スポンサードリンク

利用者であれば基本的に無料です◎

SMBC信託銀行のATMのほかセブン銀行やゆうちょ銀行

都市銀行や地方銀行、コンビニATMを利用しても同じ料金です!

ただし提携金融機関のATMの場合は時間帯によって税別100円~300円の

手数料が発生しますので注意しましょう♪

プレスティアゴールド以外の利用者の場合で他行宛の振込手数料については

窓口とプレスティアフォンバンキングだと800円

バンキングカードを使ったATMの振込で400円

オンラインとモバイルの利用なら248円

前月の月間平均取引残高が100万円相当であった場合には153円が発生します★

これらの振込手数料には別に消費税が加算されます☆

手数料の細かな取り決めはSMBC信託銀行のホームページでも確認できます(^^)

SMBC信託銀行のホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧