スポンサードリンク

 

国外への渡航にかかせない証明書

パスポートとは国内から海外へ行く際に必要となるもので

世界に通用する身分証です。

パスポートが必要になる時としては空港で出入国審査が行われる際や

ビザを申請するとき、外国で警察官などに身分証明書を求められたとき

などがあります。

海外では自分の言葉が通じないこともあるので自分が何者かを

証明するものです。

パスポートは海外に行くだけでなく海外で旅行する際には常に

携帯していなければならない義務があります。

パスポートの申請について◎

空港の入出国以外での手続きではパスポートのコピーでも良い

という場合が多いので紛失や盗難のリスクを回避したいという方は

コピーを取ってそちらを利用したほうが良いでしょう♪

申請方法としては各都道府県のパスポート申請窓口で行うことができます★

申請するには申請書が必要となり、申請窓口で入手するか

インターネットのホームページでダウンロードすることも可能です◎

また国外で申請する場合は大使館か総領事館で行うことができます!

申請書のほかにも戸籍謄本、住民票、写真、身分証明書などが必要です☆

これらの必要書類の戸籍謄本、住民票、写真は申請日の

6ヶ月以内のもので、住民票は国外で申請する場合は必要ありません…

写真は縦が45mm、横が35mmの縁なしで無背景のもので写真の裏には

自分の氏名を記載します♪

正面を向いているもので頭頂部からあごまでが34mmの2mm前後までが

規格として満たしていることが条件です!

証明写真の機械ならばパスポートサイズを指定できるので迷うことは

ないでしょう(^^)

取得にかかる費用★

書類を揃えたら住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で

申請します◎

申請した後に一週間ほどで受領ができるので申請窓口まで本人が

取りに行きましょう☆

受領する時には手数料がかかりますが料金としてはパスポートの

種類によって異なってきます…

収入証紙は2,000円で統一されていますが20歳以上の方ですと

10年用のパスポートならば収入印紙が14,000円です!

5年用(12歳以上)のは9,000円、5年用(12歳未満)ですと4,000円で

20歳以上の方は10年用と5年用のパスポートを選択することができます♪

期限切れになる前には何度でも使用することが可能です★

利用頻度を考慮して選択しましょう(^^)

スポンサードリンク

更新手続きの注意点!

パスポートの更新は有効期限が一年未満にあると更新手続きが

できるようになります◎

期限が切れてしまったという方は新たに申請が必要です!

国によってはパスポートの有効期限が6ヶ月以上ないと

入国できないところもあるため覚えておきましょう(>_<)

更新方法としては申請方法と同じく申請窓口で行うことになります☆

更新に必要な書類としては申請書、住民票、写真

そして今持っているパスポートです♪

戸籍が変更された方は戸籍謄本が必要になります◎

パスポートを無くしたという方に関しては紛失届を出しましょう★

紛失届を出した後に新規発給の申請を行うことになります!

なにかわからないことがあれば窓口でも聞くことができますが

不安な方は申請受付のお問い合わせ電話番号で聞いておいたほうが

良いでしょう☆

外務省のホームページではパスポートに関する情報が詳しく掲載されています♪

外務省のホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧