スポンサードリンク

 

アジア地域を結ぶLCC

エアアジアはクアラルンプール国際空港を拠点とするマレーシアのLLCです。

国外にはインドネシアやタイなどにグループ企業を置き

アジア太平洋地域で定期便を運行しています。

2017年4月現在まだ便を飛ばしていませんが日本にも中部国際空港を

拠点とするエアアジアジャパン(DJ)が存在していて

国内線と国際線それぞれ一路線ずつの就航計画がありますが

就航時期は未定です。

今回はそんなエアアジアについてご紹介します。

エアアジアの特徴★

グループのうち日本へ乗り入れているのは現在3社です◎

エアアジアX(D7)がマレーシアのクアラルンプールと新千歳、羽田

関空との間でタイ・エアアジアX(XJ)がバンコクのドンムアン空港と

成田、関空間を、そしてインドネシア・エアアジアX(XT)がバリ島の

デンパサール空港と成田との間に就航しています☆

ロゴは全社共通で朱色の背景に筆記体で書かれた白抜きのAir Asiaの文字が

鮮やかです!

予約やフライトを確認するサイトも共通でエアアジアグループ内の

フライトをシームレスに検索できます♪

サイトのコンテンツも秀逸でなかでも素晴らしいのは地図による

ルート計画ができることでしょう(^^)

ホームページから旅行計画~ルートマップと辿ってゆくと

アジア・オセアニアの地図の上に就航都市がドットで示されます◎

例えば東京をクリックすると成田と羽田から出発する全ての定期便が

リストアップされるのですが直行便だけでなく一度の乗り継ぎで行ける

代表的な都市までルートと共に一度で探せる機能は便利です★

使う便を決めたあとはリンクボタンを使って移動することによって

すぐに予約が行えます!

もちろん便の検索は文字による出発地、到着地のリストから

選ぶやり方も可能です☆

自分の使いやすい方法で検索しましょう(^^)

荷物の持ち込みについて◎

エアアジアの機内には座席上の収納棚に収まるものと座席下にしまえるものを

それぞれ1個ずつ持ち込むことができます★

大きさは前者が56×36×23cm以下で後者は40×30×10cm以下です!

受託手荷物は1個あたりの大きさが81×119×119cmで重さは32kgまでで

事前にオンラインで重量を登録しておくと割引が受けられますから

これを利用しない手はありません♪

ただし荷物は空港のカウンターで計量されますから過少申告した場合

追加の手荷物料金が課せられてしまいます(>_<)

超過重量にもよりますが行き先によってはちょっとした夕食代に相当する

スポンサードリンク

可能性もあるので面倒がらずにきちんと計って予約しましょう!

また他社と同様に飲料、クリーム、香水などの液体や

スプレーなどのエアゾール、ゲル、歯磨きなどは国際規則があるので

注意が必要です◎

BIGロイヤリティプログラムでポイントを貯めよう♪

予約確認などを電話でしたいならばサイト内のコールセンターのページに

リストされた国内外のアクセス先を利用します★

ここは問い合わせ電話番号が利用可能時間と共に書かれているので

忘れずにチェックしておきたいページです◎

エアアジアではBIGロイヤリティプログラムの名前で

ポイント制度を設けています♪

これはほかの航空会社でいうところのマイレージプログラムです!

連絡先のEメールアドレスとパスワードを指定することによって

BIGメンバーIDが発行され以降はこのIDでログインします☆

就航都市は100以上ありますから東南アジアの旅行が好きならば

メンバーになって損はないエアライナーです(^^)

またエアアジアのホームページではキャンペーン情報も掲載されているので

利用の際にはチェックしておくことをおすすめします★

エアアジアのホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧