スポンサードリンク

 

低スプレッドが魅力のFX取引会社

FXブロードネットで取引をする場合、口座開設をして入金することで

FXブロードネットチャートを利用することができます。

FXブロードネットホームページで口座開設をする場合には

ログイン画面から入り契約書面の確認をしたうえで

申込フォームに入力をします。

今回はFXブロードネットの口座開設の流れについて紹介しましょう。

口座開設の準備★

FXブロードネットで口座開設を申し込むならば

取引手数料などを確認しておきましょう◎

また店舗案内や問い合わせ電話番号も確認しておくことが重要です!

契約書面の確認では5種のチェック項目がありますので5つとも

すべて読んだらチェックをして次に進みます♪

フォームでは名前を漢字とカタカナで書き、その下に性別や生年月日

住所を記入しましょう☆

所得税を払うべき国は日本かどうかの記入欄もありますので

日本である場合は はい をクリックします★

いいえ の場合は申し込みをすることができませんので要注意です(>_<)

連絡先電話番号とメールアドレスも必要になりますが

パソコンのメールアドレスが必須になりますので

パソコンを持ってない人はパソコンを購入するか

パソコン用のメールアドレスをスマートホンなどで作る必要があります☆

スマートフォンでも取得は簡単ですから問題ないでしょう♪

確認書類の送付◎

米国納税義務があるかの確認もあるのですがここで言う米国納税義務とは

アメリカに国籍を持っていることを意味しています★

国籍が日本であれば米国納税義務者ではありませんの方に

チェックをいれておきましょう!

アメリカに国籍が米国納税義務者であれば口座開設をすることはできません×

職業や年収、勤め先の情報記入していき、最後に今まで投資をした

経験があるかを記入し、どのような理由でFXブロードネットを

申し込んだかチェックしなければなりません!

投資目的を記入するところも重要で、すべてフォームに記入をし終えたら

送信ボタンを押します☆

口座開設をする場合はマイナンバー確認書類が必要で

マイナンバーを持っている場合は画像でアップロードします◎

スマートホンの場合、emailから添付することも可能です♪

ファクスで送ることもできますが、この場合にはマイナンバーを

一度コピーしておく必要がありますので注意が必要になります★

マイナンバー以外には本人確認の書類として運転免許証の提示や

パスポートの提示が必要です!

スポンサードリンク

運転免許証の場合、現住所と運転免許証の住所が違う場合は裏面も

同時にコピーして現住所に住んでいることを証明します☆

書類に不備があると手続きが滞りますからよく確認して

送付しましょう(^^)

口座開設後について☆

仮に投資の経験がなく収入が少なかったとしても問題がなければ

審査に通るでしょう◎

審査の場合は収入や過去に投資の経験があるかどうかで

結果が変わってくるわけではありません(>_<)

これらの提出が終わると書類審査が行われますので3営業日から

5営業日ほどかかります…

審査が終了し無事に審査に通ると簡易書留郵便で口座開設手続き完了の

ご案内が郵送され、そこにログインIDが書かれていますので

絶対になくさないようにしましょう(>_<)

ログインIDはデモトレード行う場合にも必要です★

最後に入金をすればいよいよFXを始めることができます◎

入金をする場合は金融機関から指定された口座に直接振り込みをすることで

入金になりますが、この場合は振り込むたびに手数料がかかります…

手数料の負担を避けたければインターネットで振り込みましょう♪

インターネットで振り込みをすれば手数料はかかりません☆

またお金を口座に入れる時も手数料はかからない点に

大きなメリットがあると言えるでしょう!

申し込みをした時期によってはキャンペーンが開催されていることも

ありますのでFXブロードネットのホームページは要チェックです★

FXブロードネットのホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧