スポンサードリンク

 

日本の高速鉄道

新幹線とはこれまでの在来線に代わる幹線路線として作られたもので

現在では日本における高速鉄道路線の代名詞になっています。

在来線は1067ミリの狭軌で走行しますが新幹線は1435ミリの広軌の

レール上で走行するのが大きな違いです。

このようなことから在来線とレールを共用することがなく

全てを新しい路線として作ることになりました。

今回はそんな新幹線について詳しくみていきましょう。

新幹線のルーツ★

新幹線の路線図は昭和39年に開業した東海道新幹線から始まり

次第に拡大を続けていきました◎

現在は北海道や九州にも新幹線が走っています(^^)

明治時代に全通した東海道本線のルートに並行する形で作られているため

トンネルや橋梁についても広軌に対応する形で新築することになったのです☆

昭和初期に竣工した丹那トンネルは新幹線開業に合わせて

新たに作られています♪

東海道の難所となる富士川には長大な下路式トラス橋が架けられ

竣工当時は鉄道橋として日本最長の長さを誇りました★

東海道新幹線のルーツは戦前の弾丸列車計画に由来するもので

戦後の時代に新たな計画となった経緯があります◎

昭和33年には電車特急のこだまが登場し東京と大阪の区間を

6時間30分ほどで結ぶことになりました☆

昭和39年に開業!

東海道新幹線が昭和39年に開業してからはこだまの名称も残ることになり

現在は各駅停車の列車として運行されています◎

開業直後の新幹線は最高速度が210キロで当初は4時間ほどの所要時間で

東京と新大阪の間を結んでいましたが1年ほどもすると

3時間10分に短縮しました♪

この所要時間は在来線の電車特急と比較しても相当に早いことになるため

画期的なできごとといえるでしょう★

現在では東京と新大阪の区間を2時間20分ほどで結び

日帰りの出張や旅行で利用しやすくなります!

ところで新幹線にはグルメにまつわる逸話が多く鉄道の長い歴史の中で

象徴的な話題を提供してきました☆

かつては食堂車も連結していて車窓の景色を眺めながら

食事をすることができたのです◎

昭和時代の食堂車ではカレーライスが提供され価格は500円ほどに

設定されて子供に人気のメニューでした★

その時代に生まれて食べてみたかったですね(^^)

今は駅構内などにコンビニなどの店が多くなった影響で

食堂車はなくなってしまいましたが現在では車内販売を利用して

スポンサードリンク

弁当やサンドイッチなどを購入できます!

予約と料金について◎

新幹線に乗る場合には時刻表や座席表を参考にして

詳しく設定することができます☆

詳細が分からない場合にはお問い合わせ電話番号を利用して

アドバイスを含めて受けることが可能です♪

座席表にはグリーン車から自由席までの種類がありますが

価格もそれぞれに違います★

繁忙期には予約を取ることが難しくなるため予約は早めに

行っておくことが大切です◎

利用する際の価格は運賃と特急料金を基軸にしていますが

状況に応じて指定席特急料金に変わります☆

東海道新幹線のグリーン車を利用する場合には指定席特急料金から

510円を差し引いた上で営業キロ数に応じてグリーン料金を加算する

仕組みです!

JRおでかけねっとには新幹線の路線や車両案内、料金や

きっぷの購入方法について詳しく紹介されています(^^)

JRおでかけねっと・新幹線のご案内はこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧