スポンサードリンク

 

富士フイルムとは

富士フイルムとは日本を代表する精密化学メーカーでありカメラをはじめ

デジカメやX線写真、映画用フィルムや印画紙、現像装置に至るまで

写真に纏わるシステムを一式で取り扱いしている大手企業です。

写真に限らず複写機といったOA機器や健康食品、化粧品まで手がけており

富士フィルムがなぜ化粧品を取り扱うのかという疑問を抱く方も

少なくないものの、持ち前の手腕により異例の成功を収めています。

今回はそんな富士フイルムについて紹介しましょう。

富士フイルムの歴史★

富士フイルムでは店舗とは別に本社が都内に二箇所存在しており

登記上の扱いとしては西麻布に存在しているビルが本社として

考えられています◎

こうした富士フイルムとは日本においてフィルムの市場でトップの売上を

推移しているため国民にとっても広く知られた存在であるのですが

お正月のイメージを感じる方も少なくないでしょう♪

その理由は1960年代に入ってから年末年始の頃には製品販売に力を注ぎ

キャッチーなフレーズと共にテレビコマーシャルを大々的に展開し続けたためです☆

昨今ではフィルムそのものの需要が減少し市場も縮小化されたため

かつてのように大きな訴求は見受けられないものの

同じく年末年始には化粧品の販路拡大を目指したテレビコマーシャルが

目にできます!

有名なベテラン歌手や活躍中の若手女優のCMは印象的ですね(^^)

このような先駆者として長年支持され続けているのは

やはり早い時期からカメラ業界に参入していたことが関係しています★

フイルムからスキンケア商品へ◎

初期モデルは1948年に発売したものなのですが現代のように

写真撮影を行うことが庶民とは縁遠い状況であった様子を

著しく距離感を縮めた実績があります☆

その後海外勢の人気モデルに真っ向勝負を挑み日本製ならではの

細部に至るまで手を抜かない製品作りが評価され

国外でも愛用者が増えていきました♪

しかしフィルムを必要とせず気軽に撮影でき大量のデータを

保存することが可能なデジカメに取って代わるとすっかり業績が

低迷してしまい長年屋台骨として頼りにされていたメイン事業が

縮小化されてしまいます(>_<)

そこで新たな収入源として歩を進めたのがアスタリフトなどの

スキンケアコスメを研究開発への本格参入です★

フイルムの技術から生まれたスキンケア商品の登場

発売当初からどんな商品なのか私も興味津々でした(^^)

アスタリフトの誕生!

言わずもがな富士フィルムがなぜ化粧品に参入するのかということは

スポンサードリンク

大きな話題になりましたがコマーシャルに大物歌手を2人も

採用したことから並々ならぬ強い気持ちを持っているということを

アピールしました★

このうちのひとりは現在もCMに出演中ですね(^^)

また従来の販路を根本的に見直しアスタリフトは百貨店や

デパートなどでの販売をメインとはせず新聞広告やテレビショッピング

専用ホームページのオンラインストアなどを駆使します◎

利用者の様子を考慮するとホームページの閲覧やログイン方法に

苦手意識を持っている方が多いという実情を十分に把握していたため

取り分けて利用しやすい状態を意識しわからないことがあれば

すぐに口頭で尋ねられるようにお問い合わせ電話番号を

あらゆるところに記載し安心感をアピールしました☆

そんな富士フイルムのホームページでは近年人気のインスタントカメラintaxや

デジタルカメラ、美容関連商品、フォトブックやポストカードなどの

プリントサービスについて詳しく掲載されています♪

富士フイルムのホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧