スポンサードリンク

 

生活や環境に密接に関わる気象現象

天気とは地球上で発生する気象現象を示すものであらゆる動植物に

影響を与えるものです。

原始の地球では荒々しいもので最初の段階では人類が適応する

環境ではありませんでした。

人類の先祖は気象が安定した場所を求めて移動し定住してからは

風や雲の流れを読み取って明日の天気を予想する知恵を生み出してきたのです。

今回はそんな天気について紹介しましょう。

天気予報の近代化!

長らくは観天望気の技術で予想していましたが近代化の時代になると

天気図を使った観測が行われるようになりました★

気圧の変化も同時に分析することで台風や移動性高気圧などの特性も

理解して天気の様子を詳細に探ることが可能になったのです◎

人間の五感に頼って行っていた予報は客観的な観測データを基礎にして

行われるようになり過去のデータを集積して防災の分野で

使われるようになったことも重要でしょう☆

日本の首都の東京では明治時代には観測が行われるようになりました♪

現在の気象庁は武蔵野台地の東端にある江戸城跡の付近に立地し

観測の拠点として機能しています☆

この場所からは下町低地や東京湾も近く複雑な条件が発生することで有名です!

東京湾からの風が吹けば蒸し暑くなりますが冬には北西方向から

季節風が吹くため乾燥と冷たい空気で満たされます★

このような変化は東京の観測所を中心にして全国各地の気象台なども

努力して捉えることで台風や豪雨などの問題に対処できる仕組みです◎

近年の台風や豪雨は激しいですから、しっかり対応できるよう

日頃から準備しておきたいですね(^^)

天気予報の精度を高める☆

日本海側の地域では冬の雪の量が多くなることが知られていますが

東北地方では奥羽山脈を境にする形で雪の量が全く違います♪

福島県の場合には会津地方と浜通りの地域で比較すると積雪量が

全く異なるのが特徴です★

このような違いがあるため同じ県内であっても観測所は複数は必要になりま

す◎

天気予報を観察していると週間予報の精度に興味を持つ人も

多いのではないでしょうか?

実際の精度は近い日のほうが高く、次第に低下していく仕組みです☆

現在の天気予報の精度はかなり高くなっているわけですが

1週間先の天気を完璧に予想することは容易ではありません!

2週間先になれば大まかな予報になりますので

できる限り新しい予報を入手することが推奨されています♪

スマートフォンにはさまざまな天気アプリが登場しているので

スポンサードリンク

利用してみてはいかがでしょう?

外出先でもチェックできるので便利ですよ(^^)

雨雲レーダーについて◎

天気予報の中ではレーダーも特徴的になるものでさまざまな分野で

活用されています!

電波を発射して雲の中の雨粒を分析する方法で離れた場所から

観測できるのが強みです★

ところがあまりにも小さな雨粒では捉えることが難しいですから

霧雨はレーダーから消えてしまうことが珍しくありません(>_<)

そのためレーダーだけで判断せずに気象衛星や湿度計のデータも

総合的に調べることが重要でしょう☆

気象庁の天気予報を毎日のように観察していて

天気図の特徴にも興味を抱く人もいるのではないでしょうか?。

天気図の等圧線が密集している冬場には季節風が強くなりますが

強風は夏に台風が通過する場合にも発生します◎

天気図には台風や前線の情報も含めて豊富ですから

複合的に利用すれば天気予報の知識も深めることができます♪

面白く感じるならば天気予報士の資格を取ってみるのもよいかもしれません(^^)

インターネット上にはさまざまな天気予報サイトがあり

天気はもちろん気象警報や注意報などもチェックすることが可能です。

気象庁のホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧