スポンサードリンク

 

スターフライヤーとは

スターフライヤーとは北九州市に本社をおく日本の航空会社です。

北九州空港をハブ空港として東京羽田と北九州とを結ぶ便のほかに

羽田と福岡や大阪関西、山口宇部を結ぶ便などを運航しています。

国内線のほかに一時期は北九州と韓国の釜山を結ぶ国際線の路線も

就航させていましたが2017年5月時点では休止路線となっており

国際線の就航路線はありません。

今回はそんなスターフライヤーについて紹介しましょう。

LCCの先駆け★

この会社が設立されたのは2002年で、実際に第一便の運航が開始されたのは

2006年のことであり、規制緩和によって誕生した新規参入の

航空会社の一つです◎

新規参入の航空会社の一つということでよく話題に上ることの多い

格安航空会社、LCCと呼ばれる航空会社の一つあるいは

その先駆けのように言われることもあります!

確かにJALとANA及びその子会社、関連会社によってほぼ独占されていた

日本の航空業界にブランド力に乏しい新たな会社が割って入るためには

コスト競争力は大きな武器であったことは間違いなく、ある程度は既存の

航空会社よりもチケット代金が低めであることは事実です☆

安い代わりにサービスはあまり期待できません(>_<)

しかしスターフライヤーではここ数年で大きく伸びてきたLCCとは

少し異なるビジネスモデルを取っています♪

近年のLCC事情☆

LCCの場合は会社によっても多少の差異はありますが基本的には

価格競争力が第一です!

いかにチケットの基本代金を安くできるかということを第一に考え

サービスをそぎ落としたり、別料金のオプションにしています★

LCCの場合例えば予約確認時においてもインターネットのホームページに

ログインして自分で予約を取り、必要であればインターネットから

予約確認や変更の手続きをすることが基本であり、問い合わせ電話番号から

電話で予約したり空港の窓口で予約すると

別途手数料がかかることがあります◎

手荷物に関してもよく知られているところで最低限の

機内持ち込み手荷物のみは追加料金を必要としませんが

スーツケースなど大型の荷物を預けようとすると

1個でも手荷物料金がかかるケースが多いです(>_<)

そのほか現状のスターフライヤーでは当てはまりませんが国際線の場合の

機内食に関しても別料金、場合によっては飲み物も

別料金というような感じです!

もちろんこれらのサービスがなくても低価格でよいという人にとっては

利用価値が高いでしょう★

スポンサードリンク

スターフライヤーのメリット♪

上記の点でスターフライヤーはLCCとは一線を画している

航空会社でしょう★

もちろんホームページからの予約もできますが電話や空港カウンターで

予約しても手数料はかかりませんし、スーツケースなど大型の荷物に

関しても20kgまでなら無料で預け入れることができます◎

つまり決してサービスをカットした航空会社ではありません!

なかでも座席に関してはむしろ大手航空会社よりもゆったりしていて

快適であると評判です♪

だいたい標準的な機体よりも1割程度座席数が少なく、その分だけ

前後間隔が広くなっています☆

スターフライヤーのホームページでは航空券の予約やその確認

運行状況などを確認することが可能です!

スターフライヤーのホームページはこちらです。

 

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧