スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

―――

台風とは

台風とは南方の海域で発生する熱帯低気圧の中で最大風速が

17.2メートル以上のものに付けられる名称です。

基本的にはハリケーンやサイクロンと同じですが発生する海域ごとに

異なった名称が付けられています。

年間を通じて発生する可能性がありますが日本列島に影響を

与えるものについては夏から秋に発生するものがほとんどです。

冬の時期に発生することがあっても周辺の海域の水温が低いこともあって

接近する前に衰えてしまうことが普通です。

今回はそんな台風について紹介しましょう。

さまざまな準備に欠かせない台風情報★

列島に接近したり上陸する場合には大災害になる可能性があるため

台風情報は注目を集めます◎

気象庁などの天気予報では数日先までの分析を行っていますが

画期的な内容が特徴です!

台風の状態を円形にして描きながら予報円として表現されます☆

暴風域が含まれている場合には中心部は赤い円で表示され

外側の円は強風域を示すもので、これも大きさによってさまざまな分類が

行われるのが特徴です♪

熱帯の海域で上昇気流が発生すると水蒸気も吸い上げられて

大きな積乱雲になります★

この段階では中心部の気圧も大幅に低下して大きな台風に成長するでしょう◎

各国の予報機関はこのような動きを観測しながら台風情報を正確な形で

発信しています☆

これらの予報は災害対策やイベントのスケジュールの変更など

さまざまな場面で役立つでしょう(^^)

気象庁と米軍の台風情報をチェック!

日本では気象庁のホームページからも閲覧できますが現在では

米軍の台風情報も人気です★

異なった方法で観測していることから進路予想にも微妙な違いが

生じてくるわけですが米軍の台風情報は精度が高いことで有名です◎

進路予想が難しい場合には米軍や気象庁の台風情報を総合的に観察して

判断することもできます☆

さまざまな対策で利用する場合でも両方の良い部分を上手に

活用することで結果的には防災のために役立つでしょう♪

基本的には無料で利用できるもので多くの国民が恩恵を

受けることができます!

どちらもブックマークして活用しましょう(^^)

台風の動きについて☆

台風シーズンと呼ばれる時期は夏から秋にかけて続きますが

その進路は常に同じになるわけではありません◎

スポンサードリンク

台風の進路に大きな影響を与えるのは高気圧の位置と偏西風の流れです!

真夏の時期には大きな太平洋高気圧に覆われているために

台風は簡単に近づくことができません★

ところが何らかの影響で高気圧が後退しているときには

日本列島が台風の通り道になることがあるので要注意です(>_<)

このような変化は気象庁の天気図を日頃から見ていれば把握できます☆

偏西風の流れが列島付近にある場合には台風は急速にスピードを

速めることがあるため予期しないうちから暴風に見舞われることがあるでしょう◎

この場合にも米軍や気象庁の台風情報を参照して中心部の気圧や

速度も含めて把握しておけば接近する前から対処することが可能です!

偏西風から離れた位置にある台風は後押しする風がないために

速度が低下して複雑な進路を辿ることになります…

このような場合には予想は難しくなるため気象庁などのホームページから

情報を入手して多角的な対策をする必要があるでしょう★

気象庁/台風情報のホームページはこちらです。

関連記事

記事一覧