スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

―――

東海道新幹線を軸とする旅客鉄道会社

JR東海は日本国有鉄道が民営化された1987年に発足した鉄道会社で

東海旅客鉄道株式会社が正式名称です。

東海地方全域を主要路線としているほか近畿や関東、甲信地方の一部も

営業範囲となっています。

2027年には東京都品川駅と名古屋駅の間を最高時速500km/h超で結ぶ

中央新幹線が開業を予定しており、開業から10年後の2037年には

大阪駅まで延伸される見込みです。

中央新幹線に関連し超電導リニアシステムの海外展開も進められています。

今回はそんなJR東海について紹介しましょう。

JR東海の歴史★

JR東海の歴史は日本の新幹線の歴史といっても過言ではありません!

前身の国鉄時代、世界銀行から巨額の融資を受け国家的プロジェクトとして

新幹線建設に取り組み1964年に日本で最初の新幹線路線

東海道新幹線が開通しました☆

東京と新大阪間を最速4時間で結び、高速鉄道規格での運行は

日本のみならず世界でも初めてのできごとで当初は夜間に運行する

夜行新幹線も計画されていたということに驚きです◎

世界銀行からの借入金の返済は1981年に完了しています♪

翌1965年には安定した走行が図られたことでひかりによる東京と

新大阪間の運行時間は3時間10分と大幅に短縮されました★

1985年にはダイヤの見直しが行われ3時間8分とわずかですが短縮され

翌1986年には最高速220km/hでの運行が可能となったことで

東京と新大阪間は2時間56分と初めて3時間未満での運行が実現されます!

エクスプレスシリーズとのぞみの誕生◎

1987年にシンデレラ・エクスプレスに関するCMを制作

翌1988年頃にはホームタウン・エクスプレスとして再び個性的な

CMを作ると同時に有名芸能人を起用、CM人気により知名度が向上することで

翌1989年にはJR東海エクスプレスカードの販売、サービスを開始しました☆

1989年にはクリスマス・エクスプレスのCM第1作が制作されています!

あの有名なテーマソングが聞こえてきますね♪

1992年に最高速度270km/hの のぞみが運行開始、東京と新大阪間は

2時間30分となり東京都内に品川駅が新設された2003年以降は

のぞみを主体とするダイヤに変更されました♪

のぞみの最高速は2015年に285km/hとなり現在は東京と新大阪を

最速2時間22分で結んでいます★

運行開始当初の4時間から考えると大幅に短縮されましたね(^^)

50+が人気♪

JR東海のホームページ上では東海道新幹線や在来線の運行状況を

随時確認できるほか、EXPRESS予約に会員登録することで

新幹線チケットを予約購入することも可能です☆

スポンサードリンク

公式ホームページ以外ではJR東海ツアーズのネットショップや

店舗店頭でも購入することができます◎

近年は50歳以上を対象とした50+(フィフティプラス)が人気です!

50+は日本に住んでいる50歳以上なら誰でも会員に登録でき

新幹線チケットを格安で購入できるシステムで登録会員の同行者に

関しては年齢制限がありません★

夫婦や家族はもちろん、友人同士やひとり旅を新幹線で楽しめますね(^^)

ホームページには不明点に関する問い合わせ先として

問い合わせ電話番号も掲載されています♪

JR東海のホームページはこちらです。

関連記事

記事一覧