スポンサードリンク

 

マイクロソフトの動画編集ソフト

Windowsムービーメーカー(movie maker)とはマイクロソフトが

提供していた動画編集ソフトのことです。

以前はOSに付属している無料で使える高機能な動画編集ソフトでしたが

2017年1月に公式配布とサポートが終了しています。

しかしWindowsムービーメーカーは無料で使えるだけでなく高機能であり

動作も軽いため今でも多くの人に支持されている動画編集ソフトとして

知られています。

今回はそんなムービーメーカーについてご紹介しましょう。

windows10でWindowsムービーメーカーを導入するには?

最終のバージョンはムービーメーカー2012ですがマイクロソフトの

公式配布は終了しており通常の方法ではダウンロードすることはできません★

しかし現在でも有志によって無料ダウンロードができ

インストールすることで使用することが可能です◎

ミラーサイトなどを利用してダウンロードしますが

公式配布とサポートが終了していますので自己責任で行う

必要があります(>_<)

ムービーメーカーはWindows Essentials 2012に内包されているため

Windows Essentials 2012をダウンロードすることで

インストールすることが可能です☆

Windows Essentials 2012も公式配布は終了しているため

ミラーサイトなどからダウンロードする必要があります!

インストール方法は簡単でダウンロードしたインストールファイルである

「wlsetup-web.exe」をクリックすればインストールが開始されます♪

なおWindows Essentials 2012では自動で行うとムービーメーカー以外の

ソフトウェアもインストールされるため注意が必要です★

EssentialやWindows Liveメールなど懐かしいソフトですね(^^)

またWindows10での作動は保証されていませんから

インストールが完了しても上手くソフトウェアが利用できないケースも

あります×

ムービーメーカーを使ってのスライドショーの作り方☆

もともとOSのおまけソフトとしての性質のため説明書などはヘルプを参照するか

有志のサイトを参照して作ることになりますが

操作そのものはシンプルで簡単に作れるようになっています★

基本的な仕組みはストーリーボードと呼ばれる部分に素材を

ドラッグ&ドロップすることです!

スライドショーの場合には画像を乗せるだけで簡単な

スライドショー動画ができます◎

この状態では単に画像を乗せているだけですが切替効果や移動および

拡大を適用すれば見栄えするスライドショーにすることが可能です♪

特に切替効果を利用することで自然に画像の転換が出来ます☆

スポンサードリンク

切替効果を適用するのもアニメーションのタブにある用意されている

切替効果を選びストーリーボード上にある画像にドラッグ&ドロップする

だけで効果が適用されます!

またストーリーボードにドラッグ&ドロップをすることによって

音声ファイルの追加や字幕を追加することも簡単に行うことができます★

マイクロソフトのホームページではムービーメーカーの使い方について

詳しく紹介されています◎

マイクロソフトのホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧