スポンサードリンク

 

モノがインターネットと繋がる時代へ

IoTとは読み方を「アイオーティー」と言って「Internet of Things」の略語です。

これは家電や車などありとあらゆるものがインターネットに接続することで

相互に通信することができるようになり、従来よりも多様な使い方を

出来るようにする事を意味しています。

今回は今後ますます広がるであろうIoTについて詳しく紹介しましょう。

IoTの具体例★

具体例を出してわかりやすく解説するならばどこの家庭でも

冷蔵庫がありますがインターネットに接続されていてタッチパネルも

搭載されている製品が既に登場しています◎

食品を保存するための道具がインターネットに接続されていることで

どのようなことが出来るのかというと、何が入っているのかを

記憶する事ができるので外で買い物をしているときにスマホで

何を買い足せばよいのかを確認することが可能です☆

また食品の賞味期限・消費期限をわかるので期限間近になったら

教えてくれる機能などもあります♪

これならうっかり期限が過ぎてしまい食材を無駄にすることも減りますね(^^)

さまざまな現場に導入◎

普通の人はあまり知らない製造業の現場でもIotは導入されてきています★

工場ではいろいろな形や用途の工作機械があるわけですが

メーカーが違うとそれらの情報を一括で監視で監視することはできません!

そのためにメーカーごとに管理する形になってしまうために管理者の負担が

大きくなってしまいます☆

しかしその工作機械がインターネットに繋がっていればどのメーカーの

工作機械なのかということに関係なく異常があればすぐに管理者のもとへ

連絡が来て修理や交換などの対応をする事ができます♪

そして長期高齢化が進み重要な役割を果たさなければいけない医療の現場でも

いろいろな機器がつながることで効率化を進める事が可能になります◎

近年いろいろなウェアラブル機器が出ていますが心拍数など健康に関する

データを収集出来る機器を各個人が持っていれば心不全や脳梗塞など

万が一のときが起きたときにすぐに医療関係者が把握する事が可能です★

何もなかったとしても蓄積されていくデータを元によりよい治療計画を

立てることもできます!

このようにさまざまな現場でIoTが役だっています(^^)

IoTの今後の課題☆

このように便利な部分があるIoTですが、そこにはリスクが有ることも

知っておかなければいけません!

先に触れたインターネットに接続された医療機器には他人に

走られたくない個人情報が記録されています◎

もしもその情報にハッキングされたならば深刻な情報漏えいです(>_<)

あるいは工作機械にハッキングされてものづくりが止まってしまえば

スポンサードリンク

製造業には大打撃ですし車が走行途中で運転手からは操作できなくなれば

大事故にも繋がります…

いろいろなものが「繋がる」ということは同時に「侵入しやすい」環境を

作っているのと同じなのです★

ですからIoTを普及していくためにはメーカーが第三者からの

ハッキングから機器を守る強固なセキュリティを準備しておくのと同時に

それを使うユーザーが迂闊な使い方をしないように意識を変えて

行くことが必要です♪

ただ誰でも使えるようになる便利な機器というのは機械に疎い人も

使う可能性があるので、それは簡単なことではないでしょう☆

ですが可能性も大きいですから今後のIoTにも期待が集まります!

マイクロソフトのホームページではさまざまなIoTの事例や

業種別の活用方法など詳しく見ることができます(^^)

マイクロソフトのホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧