スポンサードリンク

 

アメリカへの入国にかかせない認証

ESTAとは英語でElectronic System for Travel Authorizationの

頭文字を取ったものでそのままエスタと読みます。

これはアメリカ合衆国が運用している電子渡航認証システムで

アメリカ入国時にビザを免除されている国の人々に対して事前に認証を

受けることが求められているものです。

今回はそんなESTAについて詳しく紹介します。

ESTAの申請方法★

日本国籍の人はビザを免除されているためESTAの取得が必要です◎

一方アメリカ入国時にビザの取得が必須とされている国籍の人々は

当てはまりません×

ESTAはビザそのものではないものの事実上はビザのようなものと

考えることもできます☆

少なくとも日本人の場合既に別の理由でビザを取得しているのでない限り

ESTAを取得していないとアメリカに入国することは一切認められません(>_<)

それ以前に日本の空港においてESTAの取得状況がチェックされるので

アメリカ行きの飛行機に乗ることさえできないのです!

申請方法ですがアメリカ政府が運営している所定の公式ウェブサイトからの

電子的な申請に限ります♪

たまに全くアメリカ政府と関係のない民間業者が作成しているような

ウェブサイトを経由する申請とか、あるいは紙での申請などが

宣伝されている場合がありますが、それらは全て偽物のサイトですから

注意してください★

代行業者もありますが、自分でチャレンジしたほうが安上がりですよ(^^)

ESTA申請に必要なもの◎

申請に際して必要なものはパスポート及び手数料、支払いのためのクレジットカードです☆

料金として14ドルがかかりますがこの支払いはクレジットカードでしか

受け付けていません!

ウェブサイトへの入力は全て英語で行う必要がありますがサイトそのものは

日本語にも対応しており記入例も日本語のものがありますので

アメリカのサイトだからといって恐れる必要はあまりありません♪

私は英語が苦手ですが、それでも問題なく申請できました(^^)

個人申請だけではなくグループ申請にも対応していますし

記入例に従って入力していくだけで誰でもほぼ問題なく申請することが

できるでしょう★

申請すれば認証はほとんどの場合ほぼ即座に行われます◎

ごくたまに保留されたりすることもありますがその場合にも3日以内には

結果が通知されることになっています☆

このため渡航の遅くとも3日前までには申請を済ませておくことが

強く推奨されています!

日本人の場合ほぼありえないと思われますが万が一却下されたような場合

スポンサードリンク

その理由は教えてもらえません×

その際にどうしてもアメリカに入国したければ最寄りの大使館で

ビザを申請しましょう(^^)

取得状況と有効期限☆

ESTA取得状況の確認方法ですが同じくウェブサイトから行えます♪

あくまで電子的に記録されますからプリントアウトを持参することは

自由ですが必須ではありませんし何か証明書類のようなものが

発行されるわけでもありません★

ESTAの有効期限は2年間で、その間であれば再渡航する場合でも引き続き有効です◎

ただし2年の間にパスポートが更新されたような場合はESTAも自動的に

期限切れとなりますので、その場合は再申請が必要となります!

ESTAのホームページでは質問と回答がまとめられているので困ったときは

参考にするとよいでしょう(^^)

ESTAのホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

 

関連記事

記事一覧