スポンサードリンク

 

GIMP (ギンプ)とは

GIMP(ギンプ)は画像編集・加工用のフリーソフトの一つです。

無料ダウンロード出来る画像編集ソフトの中では群を抜いて高機能で

その他の有料ソフトにも引けを取りません。

JPEGやPNGといった基本的な形式は勿論フォトショップ形式にも

対応しているため様々な用途に使用可能で初心者にも扱い易いのが特徴です。

ここでは覚えておくと便利なGIMPのダウンロード方法や日本語化

基本的な使い方について解説していきましょう。

GIMP のダウンロード方法★

GIMPは公式サイトから無料でダウンロードすることが出来ますが

基本的に英語表記しか無いので少々分かりづらいかもしれません◎

まず公式サイトを開き「DOWNLOAD 2.8.22」という赤色のボタンを

クリックしましょう☆

(数字はバージョンアップ等によって変更されている可能性があります)

次に「Download GIMP 2.8.22 directly」というオレンジ色のボタンを押すと

ダウンロードが開始されます!

ダウンロードが終了したらソフトを起動しましょう♪

Windows10等ではユーザーアカウント制御画面が表示される筈なので

「はい」をクリックします★

続けて言語選択画面になりますが日本語の設定はありませんので

Englishもしくは自分がある程度把握出来る言語を選んでください◎

次の項目で日本語化について説明するのでひとまずこのまますすめます(^^)

言語を選んだら「Install」のボタンをクリックし、しばらく待ちましょう☆

画面が変わったら「Finish」を押せば完了です!

無事インストール出来たはずなのにデスクトップにGIMPのアイコンが

見付からない場合はタスクバー等から「GIMP」でパソコン内を検索し

必要に応じてデスクトップやスタート画面にショートカットを作成しましょう♪

使い方・日本語化マニュアル◎

公式サイト等に日本語が使用されていないため一見すると日本語に

対応していないように見えるのですが最新版のGIMPであれば自動で

日本語化されるので特に心配は要りません★

実際に起動してみるとメニューが日本語で表記されているのが

確認出来るかと思います!

恐らく使用しているWindows PC等に設定されている言語が自動で

適用されるのでしょう☆

しかしPCは日本語以外の設定にしているけれどソフトは日本語で使用したい

という場合には手動で設定を変更する必要があります♪

例えば英語から日本語へ変更する場合は上部の「Edit」

(日本語版では「編集」に当たります◎

いずれの言語でもメニューの左から二番目です)を選び

Preferences(設定)、Interface(ユーザーインターフェース)

スポンサードリンク

Language(言語の設定)と進めていくと任意の言語を設定出来るようになります★

設定完了後ソフトを再起動すれば選択した言語に変更されている筈です!

日本語化しているとやはり使いやすいですね(^^)

またGIMPにはユーザーマニュアルという物がありますが

初期状態では利用出来ません×

ダウンロードページに各言語ごとのマニュアルが並んでいるので

いざという時のために日本語版のマニュアルを保存しておきましょう♪

使い方・基本操作方法☆

基本的な使い方をする上で覚えておくべき点について説明していきます◎

まずはGIMPを起動し「ファイル」から「新しい画像」を選び

好きなサイズを入力して「OK」、これで真っ白なキャンバスが生成されます!

また「開く/インポート」から任意の画像を開くことも可能です★

ツールボックスの「鉛筆で描画」もしくは「ブラシで描画」を使えば

キャンバス・画像に線を引くことが出来ます♪

画像編集をする上で忘れてはならないのがレイヤー機能で

これは重ねることが出来る透明なフィルムと考えてもらえれば

想像しやすいかもしれません☆

例えば一つのレイヤー内で線画と色塗りを行うと塗りがはみ出した際に

線画が潰されてしまう等、修正するのが少々面倒なことになってしまいます◎

しかし線画と色塗りをそれぞれ別のレイヤーに分けて作業すれば

線と塗りの修正を個別に行えるため余分な手間を減らせるのです!

編集中の状態で保存する際は「ファイル」の保存、画像として

出力したければ「ファイル」のエクスポートを選びましょう★

フォトショップ形式で保存する場合もエクスポートから行う必要があります!

GIMPを終了したい時は画面右上の×を押せば終了させられます◎

使い方・写真加工について♪

以下、写真の人物等を別の画像に合成する方法について

比較的簡単なものを紹介します☆

GIMPで目当ての写真を開いたら合成したい部分を切り取っていきましょう◎

ツールボックスから「前景抽出選択」を選び、切り取りたい対象の周囲に

線を引きます★

大雑把で構わないので少し広めに余裕を持って引いてください!

一周しすると画像が青く塗られた部分とそうでない部分に分かれます♪

青くない部分が現在選択されている箇所です☆

次に青くない場所でドラッグすると線が引かれます◎

この線で塗られた箇所とそれに隣接した色が自動で選択されるようになるのです!

ツールオプションの「前景部分をマーク(塗られた箇所が選択される)」と

「背景部分をマーク(塗られた箇所が除外される)」を使い分けながら

境界線が対象の輪郭に沿うようにしましょう♪

Enterを押すと範囲が確定するので「選択」から選択範囲の反転をし

続けて「レイヤー」の「透明部分」からアルファチャンネルを追加

その状態でDeleteを押せば背景を透明化させられます☆

慣れない内は広めに切り取った後、余分な部分を消しゴムで消すと

正確に切り取れるでしょう◎

そのファイルをPNG形式で保存した後、背景にしたい画像を開き

「レイヤーとして開く」から先程保存した画像を開きます!

窓の杜のホームページではGIMPに関する情報や関連記事をチェックできます★

窓の杜のホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧