スポンサードリンク

 

Adobe Reader DCを無料ダウンロード・PDFファイルのダウンロード

Adobe Reader DCとは

Adobe ReaderはPC上でPDFリーダー ソフトとして良く知られていて

このファイルを開くにはAdobe社から無償で提供されているので簡単に

自分のPCに無料ダウンロードして使うことが可能なものです。

Adobe Readerは2015年にAcrobat Readerという風に名称変更され最新版は

Adobe Acrobat Reader DCという名称で無料転送でいき、将来的にも

アップデートが可能になっています。

このページではAdobe Reader DCの導入と利用方法について紹介しましょう。

Adobe Reader DC のダウンロード方法★

AdobeReaderDCをダウンロードするには必要とするシステム構成を

確認します◎

Windows PCは1.5GHz以上のプロセッサー、1GB以上のRAM、32ビット又は

64ビットのOS7から10、HDDは空き領域が450MB以上あること

1024×768以上の画面解像度、IE11以上です☆

macOSはインテルプロセッサー、OS10.0以上、1GB以上のRAM、380MB以上の

HDDの空き領域、1024×768以上の画像解像度、Safari8から11で

11は64ビットインテルプロセッサーのみがサポートされています!

今販売されているパソコンなら問題なく使えるでしょう(^^)

モバイルアプリは任意に使用可能で無料の最新版をダウンロードするには

配布許諾契約への同意が必要でこの内容を読んでおきましょう♪

手順としてはWindows10などのオペレーティング・システムを選択し

次に言語からJapaneseの日本語又は英語のEnglishを選択します★

バージョンは2018.009.20044が最新版でこれを選択することになります◎

今すぐダウンロードボタンをクリックするとダウンロードが始まりますが

ケースバイケースでウィルス対策ソフトを一時的に無効にしておきましょう☆

Adobe Reader DC のダウンロード手順

Adobe公式サイトにアクセスします。

下の画像で赤く囲ってある箇所を確認しご自分のPC環境にあったものを選択し[今すぐダウンロード]をクリックしてください。

危険性の説明を確認し

下の画像の赤く囲ってある部分[実行]をクリック。

下の画像の赤く囲ってある部分[Yes]をクリック

しばらくするとインストール完了です。

インストール方法◎

Adobe Reader DCをIEを使用してインストールを行います★

全てのバージョンのReader を閉じてブラウザも閉じてから

Adobe Acrobat Reader DL可能なページへ移動して今すぐインストールを

押してください!

IEのブラウザーウィンドウの下部にファイルのダウンロードの内容が

表示されると実行をクリックします☆

まず先にインストラーがダウンロードされてからAdobe Readerが

スポンサードリンク

インストールされ両方のプロセスが完了するまで待機して見守っておきます♪

進捗状況を表示するバーが見られる様になりますからその残り時間も掴め

インストールが完了した事を示す確認内容が表示されたら完了を押しましょう◎

ブラウザがFirefoxの場合もほぼ同じ手順を踏み、今すぐインストールを

押して開始のダイアログボックスが現れたらファイルを保存をかけます★

Contl+Jを押しダウンロードライブラリを開き、その中からexeファイルを

ダブルクリックしてダイアログが表示されたらOKを押し

完了したことを示す確認内容が表示されたら完了を押して終了となります!

もしパソコンの再起動を促されてたときは指示に従いましょう(^^)

インストール方法で上手くできない場合は失敗している可能性もあり

問題解決の項を参照して調べ直してみましょう☆

アップデート方法♪

AdobeReaderはセキュリティアップデートが定期的にリリースされ

バージョン11からは自動アップデートの技術が導入されています★

自動アップデートの設定を変更してアップデート無効にするには

Windows編集メニューから環境設定を選択し画面の左側の一覧から

アップデーターを選びましょう◎

常に安全な状態に保つにはアップデートのための自動インストールが

好ましいものですが、初期設定の自動的にアップデートを

インストールするにチェックが入っているのをはずすことで

解除することも可能です☆

あるいは自動アップデートはWindowsレジストリの値を編集して設定を

変更することもできその場合はWindows10ではスタートボタンを

右クリックしてスタートメニューからファイル名を指定して実行を

クリックしましょう!

名前テキストボックスにregeditと入力してOKを押し

ユーザーアカウント制御ダイアログボックスが表示されるとはいをクリックします♪

レジストリエディターが起動すると左側のリストに表示されるフォルダを

展開して製品コードのキーを選びましょう★

画面右側のModeをダブルクリックし自動で行うその他の0から4までの

数字に変更してOKをクリックしてレジストリエディターを終了します◎

レジストリは扱いが難しいですから、初心者はやめておいた方がよいでしょう(>_<)

Adobe Reader DCの使い方☆

Adobe ReaderはPDFの閲覧や印刷しかできないと思われていますが

機能拡張を行うとフォームデータの保存や注釈の追加と

描画マークアップツールの使用、既存の署名フィールドへの署名

ページ上の任意の位置での署名等の操作も行えるようになります!

この機能が付与できるバージョンはバージョン8プロ及び9プロ以上が必要で

Adobe Reader を有効活用できるのもアクロバットファミリーの特徴の1です★

使い方としては機能拡張したいPDFファイルをまず開きます◎

アドバンストメニューからAdobe Readerで拡張機能を有効にするを選択し

ダイアログが表示されたら今すぐ保存をクリックしましょう♪

保存したファイルを開くと注釈などの機能を使うことが

出来るようになります☆

この機能を使うことでユーザーもレビューや署名の追加のような様々な

PDFを活用したフローに参加できるようになり、効率的に業務を

こなせるようになるでしょう!

PDFの印刷でトラブルが発生した際にはケーブルが差し込まれていない

ケースがあり、これは一度抜いてから差し直してみてください★

ドライバーに問題がある場合は一旦これを削除してプリンターの型番を

確認してドライバーを更新します◎

簡単な文書をプリントする場合は画像として印刷オプションを使用すると

手軽で便利でしょう☆

Adobe Reader DCのホームページでは無料版とPro版の機能比較が

わかりやすくまとめられているので、検討の際の参考にしてください(^^)

Adobe Reader DCのホームページはこちらです。

PDFにかかせないソフトウェア

Adobe Readerとは主にPDF…ポータブルドキュメントフォーマット形式を

開いたり制作するアプリケーションで、インターネットをする際は

よくPDF形式のデータを見かけますのでインストールは

ほぼ必須と言ってもよいでしょう。

例えば家電の説明書やパンフレット、企業や官庁などが配付する

資料などPDFで提供されるものはさまざまです。

関連するソフトウェアについて★

PDF形式を開くには、Adobe Readerがほぼ必須と書きましたが

サードパーティー製もあります◎

表示のみならば、あらかじめパソコンにアプリケーションが

プリインストールしてあったりChromeやFirefoxなどの

ウェブブラウザーにPDFを表示する機能がはじめから

組み込まれているので問題ありません☆

PDF形式のデータはだれでも簡単に制作でき、本家である

Acrobat Reader DC以外のサードパーティー製ですと

一太郎で有名なジャストシステム社のJUST PDF、価格の安さで

話題を呼んだソースネクスト社のいきなりPDFなどがあります★

これらは有料ですが無料で使用できるPDF制作ソフトもありますので

試しに無料で使用できるPDF制作ソフトから

利用しはじめてもよいでしょう◎

またPDF専門のソフトでなくても、例えばPhotoshopなどのソフトには

作成したデータをPDFで出力できるものもあります(^^)

PDFの表示について☆

PDFとはプリンターで印刷したような物を同じようにパソコンや

スマートフォン上でもレイアウトを崩さず、制作者が意図した通りの

同じフォントで表示できる規格です★

レイアウトを崩さず、というのはワープロや表計算ソフトで

制作したデータを紙に印刷して配布するのと、ウェブ上で

不特定多数に公開する場合、通常そのままでのレイアウトで

公開するのは困難ですが、PDF形式にしますとウェブサイト用に

新たにレイアウトを組み直す必要はありません!

制作者が意図した通りの同じフォントで表示できる、というのは

ウェブサイトでデザイン上フォントを指定したい場合…

例えばこの部分は強調したいので明朝体や楷書体などにしたいなど

各パソコンなどに専用のフォントをインストールしておきませんと

そのフォントで表示することができません×

ですがPDF形式の場合は専用のフォントを

インストールしておかなくてもそのフォントで表示できます◎

またJPEGやGIFなどの画像データは拡大をすると画像が

粗くなりますが、PDFは拡大をしても文字が粗くなることはありません!

この点も大きな特徴と言えるでしょう♪

しかしJPEGやGIFなどを埋め込んだ場合は別でPDFは文字以外にも

JPEGやGIFなどの画像も埋め込むことができますが

JPEGやGIFをはもともとドットの集合体のため

拡大をするとどうしても荒くなってしまいます×

これはデータの性質上しょうがないですね^^;

アップデートはこまめに♪

PDFは広く普及している反面、セキュリティーホールも多く

発見されており、それらを悪用したPDFファイルを制作したり

マルウエアを制作してパソコンやスマートフォンなどに

コンピューターウイルスを感染させたり情報を盗み取るなど

悪事を働く人がいます(><)

ですからAdobe Readerは常にアップデートをしており

セキュリティホールを修正しています!

従ってコンピューターウイルスなどの被害に遭わないために

最新版にするよう心掛けましょう◎

私はアップデーターの自動チェックを利用しています(^^)

当然ながら最新版のセキュリティーアプリケーションとの併用は

言うまでもありません☆

Adobe Readerは公式サイトからダウンロードできます♪

スマートフォンの場合はそれぞれのアプリストアから

ダウンロードできます!

Adobe Readerのホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧