HandBrake(ハンドブレイク)とは

HandBrakeはDVDなどの動画ファイルを別のファイル形式に変更することで

Windowsなどのパソコンやスマートフォンなどでも視聴することができる

フリーソフトです。

HandBrakeはそれまでベータ版が長らく無料ダウンロードできましたが

最近になって正式版がリリースされ日本語版への対応が待たれています。

10年以上利用され続けちょっとした操作をするだけで動画変換が

できるところが特徴です。

今回はそんなHandBrakeについて解説します。

HandBrake のダウンロード方法★

実際にHandBrakeをダウンロードする方法はまずHandBrakeの公式サイトへ

アクセスし赤いボタンのあるところをクリックします◎

Windows10を利用している場合にはForWindows10と書かれており

そこからダウンロードができます☆

また上のタブにあるダウンロードのボタンを押すとWindows10以外のOSを

使用している人向けのファイルがあり、こちらを利用したい人は

タブから入っていくことになります!

最新のソフトでは日本語版がありません×

これまでのベータ版では日本語版は存在しましたが正式版となってからは

そこまで追いついていないのが実情です★

また正式版になったことで無料ではなくなったのではないかと

心配になる人もいますが正式版になってからも無料で利用できます◎

HandBrakeは正式版をリリースしてからもアップデートを重ねており

そのたびに新たな機能やベータ版で使えたものなどを組み込んでいます☆

海外で製作されたソフトであるため開発に携わっていない国の言語が

使えるようになるのはかなりの時間がかかるでしょう…

日本人がそのまま何もせずに使うのは色々と大変であり英語の知識が問われます!

ですが解説してくれるサイトなどもありますから十分に使える環境です(^^)

使い方・インストールと日本語化する方法◎

インストールをする場合はまずダウンロードしたHandBrakeのファイルを

ダブルクリックで開きます★

この際、不明な発行元からのプログラムにこのコンピューターへの変更を

許可しますか?という警告がパソコンから発せられますが変更の許可を

するためにはいのボタンを押してください!

そうすることでインストールが続行されます☆

英語でセットアップが始まり使用許諾書の同意を示すボタンを押すと

Destination Folderの画面になり、インストールをするフォルダを定めます♪

スタートメニューに新しいフォルダが表示されればあとはインストールの

ボタンを押し、セットアップウィザードの完了画面が表示されて

Finishを押してインストールは終了です◎

日本語化をする場合ですが正式版ではまだ日本語化パッチは出ていないことから

以前にベータ版で対応していたものを使用することになります★

日本語でないと使いづらいと感じるならばベータ版の使用を検討したいところです(^^)

まず日本語化パッチをダウンロードしそれを解凍しましょう!

そして解凍したパッチを実行すると日本人でも安心して使える状態になりますが

最新版ではないため文字化けなどのリスクもあることから慎重に作業を進め

最新の状況を逐一確かめることが大切です☆

使い方・チャプター分割する方法◎

分割をする場合は最初に動画変換を行いたいブルーレイやDVDを読み込ませます★

スキャンに成功すればその時点で分割されていることがほとんどです!

基本的にHandBrakeの中でチャプターを追加することはできないため

使用する前に別のソフトで変換してそこで任意のタイミングで

分けておくのがおすすめです☆

ただDVDやブルーレイで最初からチャプターが分割されているものに関しては

そのまま利用することができます♪

チャプターのタブを開いてCreate chapter marksにチェックを入れます◎

最初から入っていることもありますが事前に確認が必要です★

そうするとチャプターごとに分割されておりチャプターに

名前をつけることができます!

英語版を使っていても日本語で入力することも可能です☆

注意したいのがチャプターがない動画を変換した際にCreate chapter marksの

チェックが外れることがあるため毎回チェックすることをおすすめします♪

あとはチャプターごとに変換が始まり作業が完了していきます◎

基本的にチャプターは区切りのいい形になっていますが不満がある場合は

別のソフトで調整をしてから使用することが求められるでしょう★

使い方・字幕設定☆

まずSub titlesのタブを開き任意の言語の中から日本語を選択します◎

その後にAddのボタンを押していきますがこの時動画に翻訳した言葉などを

表示する設定はファイルの出力で違いがあるため注意が必要です★

mp4の場合はBurn Inと呼ばれる焼付けを利用しmkv形式ではDefault

にチェックを入れます!

字幕ファイルにも規格がありDVDやブルーレイによって違うため注意が必要です♪

DVDの場合はほとんどが焼付けです☆

また強制字幕と呼ばれるものがあり表示をオフにしても勝手に

出てくるようにしているものもあります◎

この場合はこれだけを表示させてあとは非表示にさせるForced Onlyという

項目にチェックを入れればハンドブレイクでもそれが可能です★

HandBrakeでミスをしがちな部分は目的の字幕を選択反転させずに

登録しようとする行為です!

これでは登録されたことにならないため目的のものを選択反転させた形で

焼付けのチェックを入れることが求められます♪

そしてここまでの設定が正しいかをプレビューで確認します☆

プレビューでは設定通りのものを画面で見られるため間違いを発見でき

変換してからミスに気づくことがなくなるでしょう◎

HandBrakeのホームページでは英語ですがコミュニティが用意されているので

興味がある人はチェックしてみてください(^^)

HandBrakeのホームページはこちらです。

関連記事

記事一覧