スポンサードリンク

 

 

フリーメールを今すぐ取得する方法

一般のインターネット利用者が使うメールアドレスには

主にプロバイダメールアドレスとフリーメールアドレスの2種類があります。

プロバイダ契約をした際に取得できるのがプロバイダメールアドレスです。

信頼性やセキュリティが高いのが特徴ですが、プロバイダの契約中は

同じアドレスを使い続けることになり、原則として変更することができません。

また変更ができる場合でも有料になることがほとんどでしょう。

プロバイダを解約するとアドレス自体は使えなくなります。

対してウェブブラウザから無料で取得できるのがフリーメールアドレスです。

捨てアドともいい、つまり使い捨てができるアドレスのことです。

信頼性が低いサイトに登録する時や迷惑メール、SPAM、広告メールなどの

問題が起きた時に使い捨てることでトラブルの対策ができます。

例えば迷惑メールが大量に送られてくるようになったらメールアドレスを

廃棄することで迷惑メールから解放されます。

フリーメールはYahoo!が提供するYahoo!メールやGoogleが提供する

Gmailなどがあり、いずれも無料で利用できる無料メールです。

メールアドレスの形式はポータルサイトによって変わります。

今回はそんなフリーメールアドレスの作り方について詳しくみていきましょう。

Gmail(ジーメール)アドレスの作り方☆

GmailはGoogleが提供するフリーメールです!

Gmailを取得するためにはGoogleにアカウント登録をする必要があります♪

Googleアカウントは持っておくと様々なGoogleのサービスが利用できるので

ひとつ持っておくとなにかと便利ですよ(^^)

取得方法はGoogleのトップページから「アカウントを作成」のリンクを

クリックしましょう★

入力項目に従い氏名、誕生日、性別等を入力し、自分で決めたユーザー名と

パスワードを設定し入力します◎

ユーザー名はアドレスに使用され一度設定したユーザー名は変更できないので

よく考えてから登録するようにしましょう☆

また既に他のユーザーが使用中のものや既存のユーザー名と酷似している

過去に使用されたユーザー名、留保されているユーザー名では

登録できません×

登録できない場合は他のユーザー名を考えて登録してください!

またユーザー名で使用できる文字はアルファベット、数字、ピリオドのみで

6文字~30文字の間で指定します♪

パスワードは8文字以上で設定してください★

理想としては10文字以上、英数字、記号を混ぜて高セキュリティなパスワードに

したいところです(^^)

必要項目を記入したら次のページに進みます◎

プライバシーと利用規約にチェックをして登録リンクをクリックすることで

アカウントが作成が終了、同時にGmailの取得も完了します☆

スポンサードリンク

これでGmailの管理画面からメールの送受信ができるようになります!

Yahoo!メール(ヤフーメール)アドレスの作り方♪

Yahoo!メールはYahoo!JAPANが提供するフリーメールです★

ヤフーメールアドレスを取得するためにはYahoo!JAPANのアカウントに

登録する必要があります◎

取得方法はヤフーのトップページにアクセスしてヤフーメールページに

開きしょう☆

「今すぐメールアドレスを取得する」のリンクをクリックし

「メールアドレスなしで登録する」を選択してください!

入力項目に従い氏名生年月日、郵便番号等を入力し、IDとパスワードを

自分で設定します♪

IDがメールアドレスに使われるので、既に使用されているIDは使えません×

また一度登録したIDは変更することもできないので注意が必要です★

IDの最初の文字は英字、大文字の使用は不可、記号はアンダーバー(_)のみ

4~31文字の間で設定できます◎

ハイフンは使えないので注意しいましょう(^^)

パスワードは半角英数字・記号で6~32文字の間で設定が可能です☆

Tカード情報を登録する事で連携する事ができますが、後で

登録をすることもできるのでスルーしてしまっても構いません!

利用規約に同意して登録をクリックすればIDの作成が終了し

同時にヤフーメールの取得も完了します♪

ヤフーメールは幾つでも無料で作ることができるため

複数のアドレスを作って用途に応じて使い分けることができます★

特にヤフオクを利用している人は別のアドレスを取得して使用している方が

多くなっています◎

Outlook.com(旧名称:Hotmail)アドレスの作り方☆

Outlook.comはMicrosoftが提供するフリーメールです!

同社が提供していたHotmailという無料メールサービスの機能の追加や

改善がされてOutlook.comとなりました♪

Outlook.comアドレスを取得するためにはMicrosoftに

アカウント登録をする必要があります★

取得方法はMicrosoftのトップページにアクセスして

「アカウントの作成」リンクから「新しいメールアドレスを取得」を選択します◎

IDとパスワードを自分で設定し、氏名、国/地域、生年月日を入力すると

登録完了です☆

他の無料メール同様に既に使用されているIDは使えません×

作成したメールアドレスとパスワードを使ってログインしましょう!

言語やタイムゾーンを入力する画面を進んでいくつかの設定をおこなうことで

メールアドレスが利用できるようになります♪

これまでWindows Live Mailを使用していた方も多いでしょうが

2017年の1月にサポートが終了しています(>_<)

便利だっただけに残念ですね…

サポートが終了したからと言って使えなくなるわけではありませんが

セキュリティや不具合に関する問題が出る可能性もあることから

Outlook.comに変更する方も増えています◎

3つの無料メールアドレスを比較★

Gmail、Yahoo!メール、Outlook.comの3つのフリーメールアドレスの

違いを比較してみましょう◎

保存容量制限はGmailが15GB、Yahoo!メールが10GB、Outlook.comが

無制限です☆

容量が不足するとメールの送受信ができません×

1通当たりの容量はGmailは50MBまで受信・25MBまで送信、Yahoo!メールは

送受信が25MBまで、Outlook.comは送受信が25MBです!

メールアドレスの有効期限はGmailは記載なし、Yahoo!メールが6か月

Outlook.comは270日以上です♪

Gmailは以前有効期限が設けられていましたが現在はそうした規約が

確認できたいため実質無期限で使用できる可能性があります★

有効期限がある場合は期限内にメールの送受信やログインをしていないと

アカウントが削除されます(>_<)

長所がそれぞれ異なるので一概にどれがおすすめとはいえませんが

近年はGmailかOutlook.comと言われているようです◎

スタンダードセッターはGmailですが、Outlook.comも後を追っています☆

いずれにしても無料なのでとりあえず一通り使ってみて

自分が使いやすいフリーメールアドレスを見つけるのがよいでしょう!

Yahoo!メールのホームページでは、より便利に使うためのサービスについても

紹介されているので、興味がある人はチェックしてみてください(^^)

Yahoo!メールのホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧