スポンサードリンク

 

Avidemux(エイブイアイデマックス)とは

エイブイアイデマックスは無料で使うことの出来る

動画編集ソフトのことです。

MP4を初め、AVI・FLV・MKV・MPEGなど様々なファイル形式の

動画ファイルを取り扱える、カット編集や無劣化出力、動画リサイズ

動画変換などの機能を持ちます。

インターネット上には様々な動画ファイルがあるけれど、自分が

使っているソフトウェアではファイルフォーマットに対応していないので

閲覧が出来ない時、メールで動画ファイルを送付したいけれども容量が

大きい時など、エイブイアイデマックスを使えば様々なニーズに

対応することが可能です。

尚、このソフトウェアは公式サイトを利用して無料ダウンロードが

可能なフリーソフトで、windows10を初め、Linux版やMac OSX版

などの種類が用意してあり、日本語版で使えます。

Avidemuxのダウンロード方法

エイブイアイデマックスの公式サイトを利用して無料で入手可能です。

2018年5月時点での最新版はAvidemux2.7.0で、最新版を使って

動画編集を楽しむのがお勧めです。

尚、公式サイトにアクセスすると、Windows用やMac OSX用などの様に

種類が分かれているので、仕様にあったファイルを

選択することが大切です。

ちなみに、公式ページは英語で表示されているウェブサイトで

解説を読んでも英語で分からないと言う人は、Avidemuxの日本表示の

ミラーサイトを使うと便利です。

エイブイアイデマックスをパソコンに保存した後は、ファイルを

ダブルクリックしてインスーラ―を起動、指示に従ってインストール

進めることになりますが、この時の表示も英語表記です。

OKやNextなどのようにそれぞれの画面に表示されるボタンをクリック

すれば良く、基本的にはインストーラーが起動してセットアップ画面が

表示された後は、Next→I Agree→Nextの順にクリックすれば良いのです。

また、セットアップ画面の中にはデスクトップとスタートメニューに

関することが記載してある画面もありますが、両方にチェックマークを

付けておけばデスクトップにアイコンが作成される

スタートメニューからでもエイブイアイデマックスの起動が

可能になります。

日本語化するためには幾つかのファイルを入手する必要があります。

使い方・日本語化する方法

エイブイアイデマックスを起動すると英語表記のソフトウェアの

ままになります。

ソフトウェアの中には初期設定画面で言語を日本語に変えことが出来たり

インストーラーは英語表記でもパソコンのオペレーティングシステムの

言語を読取、日本語版に自動変換が行われるケースもあるわけです。

エイブイアイデマックスの場合は、両者とも行うことが出来ないのが

スポンサードリンク

特徴で、日本語化するためにはAvidemux を起動する前に行う

必要があります。

仮に起動していた時にはソフトウェアを終了させてから

行うようにしましょう。

インターネットでエイブイアイデマックスに使用する

日本語ランゲージファイルを入手します。

入手したものは圧縮された状態になっているので、デスクトップなどに

仮のフォルダーを作成してから解凍しておきましょう。

解凍を行うと2つのファイルがフォルダ内にありますので、この2つの

ファイルをAvidemuxの取り込み先にある「i18n」フォルダーに

移動させましょう。

ちなみに、日本語ランゲージファイルは2,6,16 や2,7.0などの

バージョンがありますが、利用する時には最新バージョンを選んで

ダウンロードをすることをお勧めします。

再びエイブイアイデマックスを起動すれば日本語化が完了です。

使い方・起動方法&ファイル読み込み

エイブイアイデマックスをインストールする時に、プログラムメニューと

デスクトップにアイコン作成を行っている場合は、どちらからでも

起動は可能です。

可能であれば、デスクトップにショートカットを作成しておけば

その都度プロラムメニューから目的のソフトウェアを探さずに利用が

出来るので便利です。

また、ファイル読込みは、ツールメニューにあるファイルを開くを選択し

読み込みを行うファイルを指定する、追加メニューを使って動画の連結を

行うことが出来ます。

但し、動画を保存してあるフォルダーを開いておいて、読み込みする

動画ファイルをドラッグ&ドロップで読み込ませることも出来ます。

細かい動画ファイルを複数読み込みしたい時などは、編集を行う

動画ファイルを一つのフォルダーに入れておいて、ドラッグ&ドロップで

行う方が便利です。

尚、エイブイアイデマックスのメニューは5つに

分かれているのが特徴です。

動画の読み込み、プレビューサイズ変更、移動、フィルター処理

そして画面左側にある、映像出力およびオーディオ出力は、コピーを

クリックした時に動画や音声の変換形式の変更が

出来るようになっています。

ちなみに、移動ボタンは動画のタイムライン上を移動することが出来る

メニューで、利用頻度が高い場合など、ショートカット

覚えておくのがお勧めです。

使い方・動画の結合&音声抽出

エイブイアイデマックスは動画編集用ソフトウェアで、ダウンロードして

インストールした後、日本語ランゲージファイルを指定フォルダーに

コピーを行えば日本語表記となり、日本語版として

活用することが出来ます。

動画を編集する時には新規作成、編集したい動画をファイルメニューで

追加、もしくはドラッグ&ドロップで画面に追加します。

読み込んだ際の動画へ結合したい場合は、ファイルメニューから追加を

選んで、目的のファイルを選びましょう。

但し、異なるフォーマットのファイルの場合は正しく結合出来ない

ケースもあるので、予め同じフォーマットの動画ファイルに

変換しておくなどの準備が必要です。

また、フォーマット以外にも、画像サイズが異なっていたり

コーデックが異なっている場合も、正しく結合が

出来ないこともあります。

エイブイアイデマックスは動画の音声だけを抽出する機能もあります。

画面上の左側にある映像出力および音声出力には「コピー」を

クリックした際に、動画と音声の変換形式を変更出来るメニューが

用意してあります。

出力フォーマットの中では動画および音声を他のファイル形式に

変換することも出来るようになっているなど、音楽だけを

抽出することも可能です。

スポンサードリンク

―――

コチラもチェック下さい

関連記事

記事一覧