スポンサードリンク

 

brotherプリンターアプリ「Brother iPrint&Scan」とは

brotherプリンターアプリ「Brother iPrint&Scan」は

ブラザー社製のプリンター専用にスマホで簡単に操作をする目的で

製作されたものです。

一般にプリンターをパソコンを通じて操作する場合には、事前に

パソコンのなかにダウンロードしておいたドライバーソフトを

インストールする必要があります。

しかし場合によってはネットワークに接続されたモバイル端末からでも

印刷などのプリンターの操作ができればさらに便利に

使えることは確かです。

その際にプリンタードライバーを必要とせず、モバイル端末からも

操作ができることを意図してつくられたのが、この無料の

専用アプリとなっています。

スキャナー機能をプリンターが持っている場合には、名前にも

あるようにスキャンの操作も可能です。

brotherプリンターアプリ「Brother iPrint&Scan」のダウンロード方法

brotherプリンターアプリ「Brother iPrint&Scan」の

ダウンロード方法ですが、まずは大手の配信サービスからこの名前を

検索をするのが便利です。

スマホが使っているOSによって分かれますが、Androidの端末であれば

配信サービスはGoogle play、iPhoneであればApp Storeにアクセス

すれば、両者ともこのアプリを取り扱っています。

またWindows Phoneを使われている方の配信サービスは

Microsoft Storeとなります。

それぞれ検索でこのアプリを見つけ出した場合は、インストールと

書かれたボタンをタップすれば、あとは自動でダウンロード

インストールが行われます。

ブラザー社の公式ウェブサイトでも、基本的にはこうした大手の

配信サービスへのリンクが紹介されており、サイトそのものから直接

ダウンロードする形式にはなっていません。

ただし、こうした大手配信サービス使う際は、Googleアカウントなどの

登録の手続きを前もって行わなくてはいけない時もあります。

また容量的にはそれほどバイト数が大きなものではありませんが

通信速度が極端に遅い回線を使っている場合などには時間がかかる

可能性もあります。

無料で使えますが通信費についてはユーザー側の負担です。

ネットワークに接続する

プリンターアプリの利用にあたっては、利用する機器のそれぞれを

すべて同じネットワークのなかに接続しなければなりません。

まずはプリンターをメインで動かしているパソコンですが、製品と

ともに付属しているCD-ROMか、ブラザー社の公式ウェブサイトから

入手したドライバーをインストールするときに、無線LAN接続を

指定しておきます。

スポンサードリンク

そうすると機器が自動検知したことを示すランプが点灯して

Wi-fi接続設定が自動で完了するしくみになっています。

この過程で不具合がないようにいちおうはランプの点灯は

確認したほうがよいでしょう。

またスマホやタブレット端末とルーターとを接続する場合には

ダイレクト接続を有効にするボタンをタップして、同様に自動検知

させる方法をとります。

機種によって違いが出てくる場合がありますので、できれば実際に

試す前にブラザー社の公式ウェブサイトに掲載されている

マニュアルにはひととおり目を通しておきます。

その際製品の型番によってマニュアルの内容が異なることがありますので

かならず型番に合ったマニュアルを選んでおきます。

プリンターそのもののマニュアルについても同様に型番で指定します。

スマートフォン/タブレット端末からの印刷方法

ブラザー製のプリンターで印刷をするにあたって、手持ちの

スマートフォンやタブレット端末から指示を出したい場合ですが

まずはアプリ起動画面を開いて、そのなかにいくつかある選択肢の

なかからプリントを選んでタップします。

その次の画面にも写真・ドキュメント・カメラで撮影などのいくつかの

選択肢が表示されますので、そのなかから印刷したいメニューを

選んでタップします。

たとえばデジタルカメラやスマホのカメラ機能などで撮影した画像を

印刷したい場合は、写真とあるメニューをタップすれば、そこに

一覧としてサムネイル画像がタイル状にいくつも表示されます。

そのなかから目当てのものを選択の上でプリントボタンをタップすると

その命令が接続されているプリンターに伝わり

印刷ができるしかけです。

その際に歯車のマークのアイコンをタップすると、用紙や濃度などと

いった印刷に関わる設定ができます。

文書の場合も最初にドキュメントをタップして以降の流れは

同様ですが、サムネイル画像ではなくて文書の形式を示すアイコンと

文書名や編集時刻といったプロパティが一覧で

表示されることになります。

文書形式はワード・エクセル・パワーポイント

PDFなどさまざまです。

パソコンからbrotherプリンターで印刷する方法

スマートフォンやタブレット端末以外にも、これまでどおりパソコンで

印刷することも当然可能です。

この場合は最初にパソコンに公式ウェブサイトからダウンロードした

ドライバーをインストールしておきます。

既にインストール済みの場合は、ワードやエクセルなどのソフトの

ファイルメニューを開くと、そこに印刷のコマンドがあるはずですので

設定を済ませてから印刷ボタンをクリックします。

設定できる項目はドライバーによって異なりますが、基本は文書および

用紙のサイズ・余白・倍率・対象とするページ・ヘッダーとフッター

背景のグラフィックなどの要素です。

これらはよく使われるものは選択肢のなかから、そうでない場合は

直接数値を入力するようになっています。

アプリケーションによっては差し込み印刷を利用して、外部のデータを

参照しつつ似たようなテンプレートを使って大量の内容が一部

異なるものを印刷することもできます。

ほかにブラザー社製のプリンターのなかにはスキャナーとしても

使える複合機が存在しています。

この場合は別にスキャナードライバーがありますので、同様に

インストールした上で、具体的に画像または文書のスキャンを

するときに活用すること。

スポンサードリンク

―――

コチラもチェック下さい

関連記事

記事一覧