スポンサードリンク

 

企業も導入している

「ChatWork」(チャットワーク)といえば、今や多くの企業が

導入するほどのツールです。

無料で利用できるコミュニケーションツールというと、たとえば

「無料通話アプリ」「SNS」などが有名ですが、対企業を前提と

しているような状況でも難なく利用することができるツールといえば

これといっても過言ではないほど「定番」になっています。

パソコン同士ではもちろんのこと、スマートフォンでも利用することが

できるので端末を問わない環境が構築できる点も魅力の一つです。

特徴について

「使い勝手が良い」という特徴は、広く愛される重要なポイントです。

いくら充実した機能があったとしても使い勝手が悪ければ利用者は

増えない可能性が高く、双方向でダウンロードおよびインストールが

必須のツールとしての価値がなくなってしまいます。

また、当然ながら料金は基本無料です。

使い勝手が良いポイントとして、まずは「ログイン画面」のUIが

優れているところがあります。

パソコンで使うにしろスマートフォンで使うにしろ、視覚的に

ストレスを感じることがないだけでなく感覚的な操作が可能でなければ

評価は著しく下がってしまいます。

当たり前のことですが、視覚的に好まれる傾向が強いだけのツール

または操作性のみのツールでも一定のニーズを生みだすことは

できるでしょう。

しかし、それはあくまでも単一(個)で利用する場合に限った話であり

双方もしくは複数で共有するべきツールとしては不十分です。

その点、チャットワークならばそういった心配は一切いりません。

視覚的にも感覚的にも使いやすく、シンプルでありながら必要な

最低限度の機能は網羅しているので不便なところがありません。

愛される理由

もちろん、セキュリティ面に関しても十分なクオリティを誇っていて

BtoBだろうとBtoCだろうと安心して利用することができます。

個人間(友人や家族など)でやり取りをするのであれば、もっと

使いやすいツール(専用アプリなど)を使った方が良い場面も

多いですが、「ビジネス上で使用するツール」という前提が

あるので一線を画します。

この手のツールが広く認知されるようになるためには、さまざまな

要素を満足しなければなりません。

「使い勝手が良い」「見た目が良い」「安全性が高い」など、どれか

一つだけでは支持される可能性が低くとも、それらが複数かつ高い

次元で共有しているツールだからこそ広く支持されているわけです。

スポンサードリンク

―――

コチラもチェック下さい

関連記事

記事一覧