スポンサードリンク

 

有名な会社が開発

パソコンで動画や音楽を再生する場合に利用するプレーヤーの中でも

古くから標準装備が行われているのがMedia Playerで、数多くの

拡張子のメディアに対応する、media player classicと言えましょう。

このプレーヤーは、マイクロソフト社が開発したフリーソフトウェアで

メディアプレーヤーとしだけでなく、メディアライブラリーアプリになります。

マイクロソフト版のパソコンや、ポケットピーシーやその他の

マイクロソフト版デバイスの中でオーディオ(音声)およびビデオ(映像)の

再生やイメージプレビューに使用することが出来るようになっています。

無料で入手できる

日本語版のオペレーティングシステム上で動作する、無料ダウンロードが

可能などの特徴を持ちます。

無料で入手した後は、実行ファイルを2回クリックすればインストラーが

起動し、最初に使用許諾画面が出てくるので、この画面内で了解すれば

読み込みが開始されます。

料金は無料で使えるなどからも一切費用が掛からないことも長年

愛され続けているポイントと言えましょう。

メディアプレーヤーであると同時に、このプレーヤーではCDより音楽を

リッピングすることが出来ます。

CDへの音楽コピーも出来るなどからも、お気に入りの音楽だけを

チョイスして、自分のオリジナルCDを製作することも出来る

魅力を持ちます。

CDへの書き込みが可能になり、書き込みが出来るCDをオーディオCDや

MP3などのフォーマットにしてプレイリストを付与したデータディスクに

焼き付けることも可能です。

この場合は、コンテンツをMP3プレーヤー(デジタルオーディオプレーヤー)や

他の携帯端末との同期が可能になってきます。

機能を活用しよう

ユーザーに様々なオンライン音楽ストアを通じて音楽を購入したり

レンタルしたりと機能をフルに活用出来るわけです。

携帯電話やスマートフォンなど携帯端末で音楽を持ち歩く時にも

便利なオーディオプレーヤーと言えましょう。

尚、media player classicとも言える理由の中には、このプレーヤーが

Windowsのオペレーティングシステムと一緒にセット販売が行われた

歴代のオペレーティングシステムにはそれぞれ専用のバージョンの

レイヤーが登場しています。

また、数多くのメディアプレーヤーも登用しており、その中でも

Media player classicは注目を集めているものも登場しています。

スポンサードリンク

―――

コチラもチェック下さい

関連記事

記事一覧