スポンサードリンク

 

便利なソフト

ビジネスでパソコンを使っている人ならば必須、あまり頻繁には

使わないという人でも「あれば便利」なパソコンソフトといえば

「オフィス」でしょう。

最新版はoffice2016ですが、文章作成から表計算まで多くのツールが

利用できるので非常に便利です。

たとえば、「会計帳簿や家計簿をつける」「書類を作成する」などに

使用するのはもちろんのこと、使い方さえ覚えてしまえば年賀状や

簡単なゲームを作成することもできます。

2019年ころには更新される可能性があります。

しかし、難点ともいえるポイントは「高い」「インストール制限がある」などです。

その時点で最新版をインストールしておけば、以降5年や10年は

十分に使い続けることができるでしょうが、数年おきに新しいオフィスが

発売されるのでコスト面で負担が大きくなる可能性があります。

また、1つのパッケージでインストールできる台数が制限されているため

場合によっては複数パッケージ購入しなければいけない可能性も

あるので注意が必要です。

その点でいえば、「KINGSOFT office」(キングソフトオフィス)は

非常に優れています。

無料と有料がある

料金は無料でダウンロードしてインストールしてしまえばすぐに

使うことができます。

基本的な機能は十分に備わっているといえ、本家オフィスとも互換性が

高いことから多くの企業で導入されているほどです。

オフィスソフトなしの中古パソコンにも多く採用され

「オフィスあり」と表記されることもしばしばあります。

無料で気利用できるソフトだからこそ人気があるといっても

過言ではありませんが、一応「WPS office」という有料版もあります。

無料版との違いはソフトの機能面や本家オフィスとの互換性などで

さすがに有料版だけあって非常に高いクオリティに仕上がっているので

安心して使うことができるでしょう。

有料といっても本家オフィスよりも価格は随分安く済むので

コスト面でも大きなメリットが期待できます。

愛される理由について

このソフトが広く愛されている最大の理由は、「コストが安い」

「使い勝手がよい」という部分でしょう。

当然ながら、本家のクオリティを求めてしまえば見劣りする部分は

たくさんあります。

しかし、「とりあえず基本的な機能さえ使えれば良い」ということであれば

十分すぎるほどのパフォーマンスを備えています。

これまでも同様のコンセプトでリリースされたアプリはたくさん

ありましたが、いずれも完成度が低く使い物になりませんでした。

しかし、その状況を一変させ、広く浸透したことで認知が広まったことも

スポンサードリンク

理由といえるでしょう。

スポンサードリンク

―――

コチラもチェック下さい

関連記事

記事一覧