スポンサードリンク

 

しっかり選ぼう

パソコンを使うにはできるだけ安く使用したいけれど、きちんとした

機能があるソフトを利用したいと考える人は多いです。

そのために有料ソフトを使うにしても安くて性能がいいものを

探すことも多く、使用している人の評価も気になるところです。

特にパソコンでは必要な機能があり、クラッシュしたりアプリが

落ちたりしないことがとても大切になります。

作業の途中で落ちたりしてしまうとストレスが溜まる一方で

作業効率は向上しません。

このようなことがあるため使用するものはしっかりと選ぶことが大切で

妥協することは避けるのが懸命です。

特にオフィスソフトは事務作業やプレゼンなどに使用するものであり

確実性が大切です。

使いづらかったり頻繁にフリーズしたりしてしまうと、確実な仕事を

するのは難しくなります。

日本語に対応している

そのようなオフィスソフトですが無料でダウンロードできるものは

不安になってしまいますが、LibreOfficeは無料で使えるものでも

多くの人に愛されているものになります。

通常無料で利用できるものはその開発元の国の言語や英語で

表示されることが多いですが、LibreOfficeの場合には日本語に

対応しているので安心です。

日本語化されていないソフトを利用する場合、それぞれのアイコンに

カーソルを合わせてもぱっと見で意味が分からないことが多いです。

しかし日本語化されていることにより意味が分かるので、使い方も

直感的に理解できるものも多くなります。

使用できる機能にはワープロソフトに表計算、プレゼンテーションや

ドローにデータ管理システムと数式エディタの6つの機能があります。

ワープロソフトは最初に設定では横書きになっていますが、設定を

変えればきちんと縦書きに変更することが可能です。

寄付金って?

無料であるため、有料ソフトを導入することもあります。

その際にはマイクロソフトオフィスとの互換性もあるので、安心して

乗りかえることが可能です。

互換性がなければ作成したデータが無駄になってしまうので

有効的に使うことができます。

フリーソフトなので利用するための料金はかかりませんが、寄付金を

募集しています。制作者もただで作っているわけではないので

よりよいソフトにするためにも費用は必要です。

寄付金を送金してより精度の高いものに改良してもらうことも

選択肢の一つです。

このようにLibreOfficeは無料で使用できる物の中では多くの

機能があるのでみんなに愛されています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

―――

コチラもチェック下さい

関連記事

記事一覧