スポンサードリンク

 

人気が高いソフト

ビジネスや学校に提出するレポートを作成する際に必須と言っても

過言ではいないツールの一つがOfficeと呼ばれるソフトウェアです。

OfficeはwindowsやMacintoshなどのパソコンにインストールして

利用できるソフトウェアであり、、プリインストールされた

windowsパソコンも多数あります。

Officeを利用すれば文章の作成や表計算などが快適にできる

メリットがある一方で、料金が高額というデメリットも

持ち合わせています。Officeは便利なツールではありますが

コストパフォーマンスが悪いため、たまにしか文章や表

プレゼンテーション資料を作成しない人にとっては購入しにくい

側面があるのです。

そんな中Microsoft Officeに替わるソフトウェアとして高い人気を

博しているのがopenoffice(オープンオフィス)という

ソフトになります。

無料で使える

openofficeはインターネットで配布されており、Microsoft Officeの

互換性ソフトで気になる料金はなんと無料となっています。

基本的に誰でも無料でダウンロードできる上に本家である

Microsoft Officeとの互換性も高いため、世界中で多くの人に

愛されているのです。

openoffice(オープンオフィス)は外国で作成されたツールであり

ソフトの主要な言語は英語となっています。

しかしopenoffice(オープンオフィス)では日本語も正式に

サポートされており、公式サイトからは日本語版のダウンロードも

可能となっているので日本人でも使いやすくなっています。

またもしも間違って英語版をダウンロードしてしまった場合でも

比較的容易に日本語に言語の変更ができるメリットもあります。

英語版をダウンロードしてしまった場合の日本語への変更の

やり方ですが、まずは公式サイトから日本語のランゲージパックを

インストールし、パソコンにダウンロードします。

その後はソフトを起動して、「ツール」を選択し「オプション」へと

進みさらに「言語設定」から「言語」を選びます。

その中に「ユーザーインターフェース」という項目があるので

これを選び「Japanese」を選択することで表示をそれまでの

英語表示から日本語表示へと変えることができます。

ソフトの基本的な使い方についてはMicrosoft Officeと同じですし

文章作成や表計算、プレゼンテーション資料が作成できる点も

共通しています。

スポンサードリンク

―――

コチラもチェック下さい

関連記事

記事一覧