スポンサードリンク

動画編集ソフト VideoPad(ヴィデオパッド9) 無料版ダウンロード・DVD...

VideoPad(ビデオパッド9)とは

VideoPad(ビデオパッド9)は一通りの動画編集に必要なたくさんの機能が揃っていて、初心者も簡単に使える動画編集ソフトです。無料ダウンロードすることができるので、無料版(お試し版)を利用することができます。日本語版もあるのでストレスフリーに操作することができ、50種類以上のエフェクトなどを利用することができるでしょう。シーン毎の切り替え効果を使用することができ、2つ以上の動画を繋ぎ合わせることが可能です。その際に動画が切り替わる時の特殊映像や特殊動作効果を設定できます。字幕のように映像や音声に任意の文字を表示させることができるので便利です。自分好みシーンを自由自在に編集することができるでしょう。

VideoPadのダウンロード方法

VideoPad(ビデオパッド9)をダウンロードするには公式サイトからアクセスします。このページには無料ダウンロードボタンがあるのでクリックし、セットアップをインストールします。ダウンロードが終了するとセットアップを実行することが可能です。最初に利用規約の同意が求められるので同意すると次に進み、インストールが終わるとVideoPad のようこそ画面が開きます。新規プロジェクトをクリックすると、メイン画面が開くようになります。インストールが終了したらVideoPadを立ち上げると利用することが可能です。日本語に対応しているのでスムーズに操作することができますが、無料版はいくつか機能に制限があるので正式版を購入するとすべての機能を利用することができます。いろいろな機能が備わっていますが、利用する前にいくつか事前にやっておいた方ことや理解しておくと便利なことがあります。主な操作方法にはプロジェクトの作成や素材の読み込み、プロジェクトの保存などがあり、クリップやシーケンスを分割することが可能です。動画データの音声だけ削除することができたり、動画や音声などにエフェクトを設定することができます。トランジションを設定したり音声のミックス設定などを行うことが可能です。

使い方・基本操作方法

VideoPad(ビデオパッド9)は事前に動画や音声などの素材を用意します。まずは新規プロジェクトを作成し、メニューのファイルから新規プロジェクトを選択しましょう。新規プロジェクトが開くと自動でシーケンスが一つ作成されます。動画や音声などを追加するにはこの部分にファイルをドラッグ&ドロップすることが可能です。例えば動画ファイルを追加するとクリップとして認識され、取り込んだクリップをシーケンスに組み込みます。クリップをシーケンスにあるタイムラインにドラッグ&ドロップすると完了です。音楽や写真などにも利用することができるので幅広いアレンジを行うことができます。タイムラインの上段が動画や画像・文字データになり、下段が音声データです。さまざまな素材を繋ぎ合わせたりカットしながらシーケンスを作成することができます。作成したシーケンスはシーケンスのプレビューから再生することができ、作成が終わるとメニューのファイルからプロジェクトに名前を付けて保存をクリックすると保存することが可能です。mp4やmp3などの拡張子で保存する場合、動画をエクスポートをクリックするとスムーズに処理することができるでしょう。

使い方・DVDへの書き込み

VideoPad(ビデオパッド9)で作成した動画などをDVDに保存するには、ファイルをクリックし動画を保存をクリックします。ビデオ出力設定画面が表示されるので、ディスクを選んでOKを押します。すると書き出しが始まるので、書き出しが終わると無事作成されたという表示が表われます。編集作業が終わると念のために書き出しする前にチェックすることが可能です。プレビュー画面においてタイムラインを再生することができ、問題がなければ書き出しすると良いでしょう。簡単に書き込みすることができますが、無料版を使っていると数ヵ月前まで書き出しできていたはずなのにできなくなっている場合があります。有料版でないと書き込みすることができなくなっているケースがあるでしょう。エクスポートのボタンを押すと有料版を購入するサイトへの案内が表示されます。有料版を購入すると自由にエクスポートすることができるようになります。無料版を何度か利用してみてから有料版を購入することをおすすめします。動画などを自由自在に切り貼りしたりエフェクトや切り替えなどのいろいろな効果を利用することが可能です。自分だけのシーンを簡単に作ることができるでしょう。

VideoPadの無料版と有料版の違い

VideoPad(ビデオパッド9)は無料版で30日間試すことが可能です。但し、一定期間や回数を過ぎると一部の機能が制限されることになるので不自由な思いをするかもしれません。基本的に無料版は編集はできますが、一定期間が経つとエクスポート(保存)することができなくなります。有料版の場合は6,000円~10,000円ですべての機能を使用することが可能です。有料版には2種類あり、マスター版とご家庭版があります。使用期間中に購入すると割引価格で購入することができるのでお得です。マスター版はVideoPadのすべての機能を使用することができ、一台のコンピュータに1つのライセンスが必要になります。ご家庭版はプラグインが使用できず、音声トラックが2つと制限されています。さまざまな機能を利用することによって、動画をドラッグ&ドロップで編集することができます。エフェクトや切替えを挿入したり、再生速度の変更も簡単に行うことが可能です。シンプルで使いやすくという特徴があり、動画処理の速さはトップクラスになります。360度動画などの編集を行うことができたり、文字入れにも対応することが可能です。動画のロスレス出力にも対応していて、初心者も簡単に操作することができるでしょう。

関連記事

記事一覧

記事詳細