スポンサードリンク

 

インターネットバンキングの先駆け

新生銀行とは経営破たんした日本長期信用銀行を競争入札の形で

外資系企業再生グループなどにより新たに誕生した比較的新しい銀行です。

2004年に新生銀行の名称でスタートし、インターネットバンキングの

先駆け的な役割を果たしつつ業績を上げている銀行です。

新生銀行のホームページからは、ほかの銀行と同様に経済情報や

金融商品の紹介などが紹介されておりそこからログインできます。

ログインには口座番号と自分で設定したパスワード

また自分専用のログインに必要なセキュリーティーカードから指定された

3文字を入力することでログインします。

新生銀行の魅力☆

新生銀行の一般利用者にとって魅力的と考えられるのは

ATM手数料が無料のところです◎

新生銀行設立当時はその銀行のATM以外では、また銀行のATMでも

夜になったり日曜祝日にATMで自分の預金を引き出そうとしたときに

手数料がとられてしまっていた時代でした(>_<)

新生銀行はいち早くセブン銀行との提携でコンビニATM手数料の

無料化を実現しました!

なにも躊躇わずにATMを利用できるのは嬉しいですね♪

現在は預金残高や資産運用など新生銀行での取引に応じた

ステップアッププログラムにより振込手数料も月に指定回数が無料です★

新生銀行の口座開設は忙しくて店頭に行けない、あるいは地方で近くに

店舗がなくても可能でスマートフォンや郵送で口座を作ることができます!

口座開設には外資系の銀行らしく印鑑ではなくサインでも可能です◎

新生銀行は都銀でありながらこのようなリテール業務を

充実させてきたことが他銀行との違いの一つといえるでしょう☆

キャッシュカードとポイントについて♪

新生銀行ではキャッシュカードの色も特徴的です!

口座を作る際に32色のカラフルなバリエーションから

好きな色を選ぶことができます◎

ほかの銀行ではあまりみないサービスでどの色にしようか

選ぶ楽しみがあります(^^)

また新生銀行のロゴもあまり大きくなく、一見すると

キャッシュカードには思えないシンプルなもので、お財布に入れても

おしゃれな印象がありとくに女性にはうれしいデザインです♪

さらに新生銀行ではその利用に応じてTポイントをためることもできます★

Tポイントプログラムでは毎月のエントリーをすると特定のATM利用や

振り込み、ほかの取引などに応じてTポイントが与えられます☆

Tポイントは利用できるお店も多く使いやすいですから

嬉しいサービスと言えます◎

スポンサードリンク

金融商品も充実★

資産運用のバリエーションも豊富で特徴的なものとしては

2週間定期預金があります◎

定期預金というと途中で解約できない、あるいは解約すると

利率が悪くなることがほとんどですが、2週間の超短期の

定期預金であるため使わなければ継続し、2週間後には解約して

すぐ使えるようにすることも可能なため

自分での預金の扱いがしやすいが特徴です☆

また最近では外貨預金手数料の値下げも行われました!

為替変動がやや不安定になっていますので外貨預金で利益を得る

チャンスでもあります◎

ほかの複雑な資産運用の相談も各支店の窓口などで可能です♪

支店は北は札幌から南は福岡まで全国にあり、支店コードも

ホームページに記載されています★

また支店の営業時間も平日の17時までと長く、休日の資産運用セミナーや

土曜日にも住宅ローンなどの相談も予約制で行われています。

新生銀行のホームページでは各商品の特徴やセミナーについて

より詳しく掲載されていますので、興味がある人は

覗いてみてはいかがでしょう?

新生銀行のホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧