スポンサードリンク

 

楽天が運営するMVNO

楽天モバイルとはオンラインショッピングサイトでお馴染みの楽天が

展開するMVNOサービスです。

月々の利用料金の支払いに対して、楽天スーパーポイントが

付与されるのに加えて、支払いに同ポイントを使用することが可能で

楽天市場でのショッピングを頻繁に行う方であれば

月額利用料をポイントのみで賄うことも夢ではありません。

今回は注目を集める楽天モバイルについてご紹介します。

支払い方法と料金プランについて☆

決済方法は一般的な通信事業者同様、クレジットカード決済が

可能です◎

クレジットカードを所有していない方、使いたくない方にとって

気になるところですが楽天モバイルでは楽天銀行デビットカード

スルガ銀行デビットカードに加えて口座振替にも対応しているので

多くのケースで決済方法を懸念する必要はありません(^^)

料金プランは最大200kbpsという低速固定ながらデータSIMが

月額525円という業界最安クラスのベーシックプランをはじめ

利用者のボリュームゾーンと言われている3.1GBプランは

理論値で下り最大262.5Mbps、上り最大50MbpsでデータSIMが月額900円

SMSの付いた050データSIMが月額1,020円、通話SIMが月額1,600円と

こちらも業界最安クラスです★

私の兄はあれこれ検討した結果、楽天モバイルに乗り換えました☆

先日3日間で一定のデータ通信量に達した場合に実施される

いわゆる3日間制限の完全撤廃が発表され毎日の使用量を気にせず

利用できるようになったのも大きなメリットです♪

いろいろな設定方法◎

楽天モバイルの利用までに必要な各種設定は公式ホームページの方で

分かりやすくまとめられています◎

モバイルデータ通信を利用するためにまず必要となるapn設定は

図解入りで設定方法が詳しく解説されています!

文字だけでなく図解ですから設定系が苦手な人も安心です(^^)

対応機種はandroidやiPhoneのdocomo端末やSIMフリー端末に加えて

SIMロックを解除すればauやソフトバンクの端末も利用できます♪

iPhoneの場合は別途apn構成プロファイルのインストールが

必要になりますが、説明ページにQRコードが掲載されており

面倒なURLの入力を簡略化できるのも便利です★

メール設定はメンバーズステーションにログインし

楽天メールご登録から画面の指示に従って入力していけば

メールアドレスが作成されます☆

設定を行えば従来のメールクライアントで利用できるのはもちろん

専用の楽天メールアプリを利用すればサーバーやポートの設定は必要なく

スポンサードリンク

アドレスとパスワードのみの設定で利用開始できるのも便利です(^^)

楽天モバイルのサポート体制

解約方法はデータ専用SIMと通話SIMで異なります★

データ専用SIMの場合は会員サポートセンターのメンバーズステーションにログインし

会員メニューの楽天モバイル解約申請から手続きが可能です◎

通話SIMの場合は電話のみの受付となっており、会員サポートセンターに

掲載されている楽天モバイルカスタマーセンターに電話連絡します☆

なにより業界に先駆けて実施された3日間制限の撤廃が

今後アドバンテージとなることが予想されます!

法人向けサービスもあり、今後もますますできるMVNOです♪

楽天のホームページでは各プランの説明のほか

さまざまなキャンペーン情報をチェックできます(^^)

楽天会員ランクによって月額料金が安くなるなどチャンスですので

こまめに見ておいてはいかがでしょう?

楽天モバイルのホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧