スポンサードリンク

 

Appleが提供する決済サービス

Apple PayとはiPhoneを使って決算をするためのサービスのことで

いわゆるおサイフケータイのようなものと認識してよいでしょう。

iPhoneをもっていれば電話から検索、買い物まで多くのことを

済ますことが可能です。

今回は便利なApple Payについてご紹介します。

Apple Payを利用するには?

Apple PayにはSuicaが登録できるので電車やバスに乗車するときも

カードを用意する必要がなくiPhoneさえもっていれば問題なく乗車できます◎

Apple Payの使い方は簡単で、まずクレジットカード情報や

Suica情報を登録しておきます!

そのあとアプリを起動して使いたいカードを選択するのですが

交通機関を使う場合はSuicaを選択しましょう♪

その後、読取機にスマートフォンをタッチするだけで利用できます★

Suicaチャージ方法はクレジットカードを利用するのですが

アプリを使ってチャージしたい金額を入力すれば完了です♪

いちいちチャージするのが面倒くさい場合はオートチャージという

方法があります(^^)

これを利用すれば手動でチャージしなくても勝手にチャージ

してくれるのでより便利です☆

対応しているクレジットカード★

クレジットカードはさまざまなところのものを利用できます

買い物をする場合はQUICPayを使うかiDを使うかによって

利用できるカードが変わってきますので注意してください!

対応するカードですがQUICPayは楽天カード、JCBカード、オリコカード

クレディセゾン、ビューカード、三菱UFJニコス

auWALLETクレジットカード、TSCUBICCARDです☆

iDの場合はイオンカード、dカード、ソフトバンクカード

三井住友カードになります◎

またインターネットでの支払いに対応しているのはマスターカード

アメックス、JCBカードです!

ただし国際的に有名なVISAに関しては利用できないので注意しましょう(>_<)

また高校生でも入手できるデビットカードを利用して

チャージすることも可能です★

Apple Payを安全に使うために☆

Apple Payを利用するとiPhoneがお財布代わりとなるので

より紛失や盗難に注意しなければなりません!

そのためにもスマートフォンの位置情報がわかるようにしておきましょう◎

設定画面のiCloudという項目でiPhoneを探すという部分と

最後の位置情報を送信というところにチェックを入れます★

そうすることで、もしもなくしてしまった時に位置情報を確認できますし

スポンサードリンク

遠隔操作によってスマートフォンが使われないようにロックをかけられます♪

Apple Payは便利な機能ですがスマートフォンに多くのことを

託すことになるので扱いをより慎重に行いましょう(^^)

Apple PayはiPhoneだけでなくアップルウォッチでも利用できます☆

日常的に腕に装着しているアップルウォッチを利用したほうが便利ですから

持っている場合はこちらを使うことを検討したほうがいいかもしれません◎

さらに詳しく知りたい方はホームページを確認しましょう★

Apple Payのホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧