スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

―――

オリックス傘下の信託銀行

オリックス銀行とはオリックス株式会社に所属する金融機関のことです。

日本で昔から親しみのある銀行といえば地域に店舗があり

そこの窓口で口座開設手続きを行うのが普通ですが

オリックス銀行は店舗を持たないタイプの金融機関で

インターネットで取引をするのが特徴です。

今回はそんなオリックス銀行についてご紹介します。

オリックス銀行の特徴★

オリックス銀行では冊子状の通帳のようなものは発行されません×

預金口座の管理は全てオンラインで行うようになっていますので

従来タイプの銀行を使っている人には

少し違和感がある人もいるでしょう(>_<)

しかし店舗を持たない分だけコスト削減が可能ですので

オリックス銀行ならではのお得なサービスが利用できるメリットを

持っています◎

インターネットでの取引に違和感がなければ積極的に使っていきたい

金融機関としておすすめです♪

違和感がある人も使っていくうちにすぐ慣れますから

これを機に挑戦してみるのもよいですね(^^)

基本的に店舗を利用しないオリックス銀行ですが

本店とセゾン出張所という店舗が存在し、本店の支店コードは001で

セゾン出張所の支店コードは011ですので必要なときに利用しましょう★

インターネットバンキングのeダイレクト◎

公式ホームページに訪れてお客様専用ページにログインすることによって

インターネットバンキングが使えます☆

営業時間については気にする心配はなく、インターネットが使える

環境さえ整っていればいつでも好きな時にログインして

預金口座の管理や手続きができる仕組みです!

これなら昼間に店舗に向かう暇がない人でも安心でしょう♪

スマートフォンでも利用できますから場所や時間を選びません◎

オリックス銀行の普通預金口座はeダイレクト預金という名称で

インターネット専用の普通預金口座で年率0.02%の利息がつきます★

eダイレクト預金には定期預金も存在しますがたった2週間という

短期の定期預金がありこれを選べば年率0.10%の高金利で

預けることが可能です☆

6ヶ月以上の長期間の定期預金を選ぶと2年の場合で年率0.25%という

さらに高い金利が設定されているのでお得ですね(^^)

使う機会がないお金については普通預金ではなくeダイレクト預金の

定期預金に預けるのが賢いお金の貯め方でしょう♪

オリックス銀行を利用の際の注意点!

注意したいのがオリックス銀行に普通預金口座を作っても

スポンサードリンク

通帳はもちろんのことキャッシュカードも発行されない事実です◎

ほかのインターネットバンキングが使える銀行であれば

通帳は発行されなくてもキャッシュカードを使ってATMから

自由に入金や出金ができるのが一般的でしょう★

ですがオリックス銀行はインターネットを通じた振込もしくは

振替による入金と出金しか利用できませんので

ATM手数料のようなものが存在しません×

振込先の銀行のATM手数料を参考にしましょう!

カードローンについては提携先のATM手数料は無料に設定されており

振込手数料に関しては月2回まで無料です☆

3回目以降になると1回につき432円が発生しますが

楽天銀行に限っては無料の対象になりませんので

回数に関係なくいつでも1回につき432円が発生することを

覚えておいてください(>_<)

手数料の負担を考えるなら楽天銀行とオリックス銀行を使った

直接的な預金口座の管理は避けるのがおすすめです♪

オリックス銀行のホームページでは安心して利用できるよう

セキュリティについて案内されています◎

オリックス銀行のホームページはこちらです。

関連記事

記事一覧