スポンサードリンク

 

インターネット専業証券会社

SBI証券とは金融サービス業であるSBIホールディングスを持株会支社とする

同社の100%子会社でソフトバンクグループの証券会社です。

SBI証券は店舗を持たないweb専業証券会社であり

口座開設数はネット証券で国内トップの企業です。

国内株式現物及び信用取引、外国株式、投資信託、REIT、国公債、FXなどの

金融商品を取り扱い、CFD(差金決済取引)やPTS(夜間取引)

貸し株サービスなどさまざまな取引方法と商品ラインナップです。

SBI証券の人気商品である確定拠出年金(iDeCo)は運用コストも低く

10年以上の実績があり掛金の拠出から受給開始までわかりやすくスムーズに運用できます。

SBI証券の特徴と口座開設の申し込み★

SBI証券の特徴として入金方法が住信SBIネット銀行のキャッシュカードで

SBIハイブリッド預金に直接入金することが可能です◎

投資資金として配置されるハイブリッド預金は金利が毎月第3土曜日に

計算されて翌日の入金が行われますが、通常金利よりも高い金利が

支払われます!

低金利時代ですから少しでも金利が高いのは嬉しいですね♪

一連の取引をすべてホームページ上で投資家自身が行い

証券外務員のような担当者が付きません×

口座開設はSBI証券ホームページ上からアクセスして

新規口座開設画面に進みます☆

必要事項を入力し、送信すると証券会社から記入する必要書類が

送られてくるため内容を確認の上申し込み内容を記載し

マイナンバーカードと身分証明書と共に同封の封筒で返送します(^^)

取り引きの開始方法◎

書類の返送後に審査が開始され、審査が通過すると取引可能となりますが

取引開始に際して初期設定を行います!

IDやパスワードなどの設定を行ってから、投資準備金を入金して

取引開始をします♪

取引は最初にログイン画面から設定したIDとパスワードを入力し

取引画面に進みます★

取引方法や投資の知識が十分でない投資家向けにお取引体験デモとして

取引方法に関する説明が行われます!

実際の取引同様に注文ができ、手順と共に説明画面が表示され

バーチャル投資体験ができます☆

まずはどのように取り引きするかバーチャルで体験することで

使用方法も覚えやすいです(^^)

取引内容に関する質問や申告などの質問はオペレーターによる回答も行われ

お問い合わせ電話番号に電話アクセスすることもできます◎

SBI証券の取り引きツール♪

取引ツールは通常のホーム画面とHYPER SBIのホーム画面があります★

スポンサードリンク

HYPER SBIはMicrosoftのWindowsで起動するアプリケーションで

リアルタイムな取引ができるベテラン向けのトレーディングツールを

搭載したコンテンツです!

HYPER SBIは有料コンテンツですが一定の条件を満たせば無料で

利用ができます◎

HYPER SBIはデイトレーダーがテクニカル投資をする際に利用しており

ドラッグ&ドロップ注文や1秒以下の単位での注文を可能とするテクニカル機能を搭載した

システムツールを持った上級者向けのコンテンツです☆

SBI証券はトレーディングツールと情報量が豊富で

利用者の評価がよいです♪

利用者の評価は手数料体系にもあり証券業界最低水準の取引手数料で

スタンダードプランやアクティブプランと投資内容に合わせて

手数料プランが選べます(^^)

新規上場、公募の手数料は無料で5,000万円を超える取引の手数料も

無料というサービスも評価が高いです★

SBI証券のホームページでは証券だけでなく確定拠出年金(イデコ)などさまざまな金融商品の紹介やコラム

キャンペーン情報などが掲載されています◎

SBI証券のホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧