スポンサードリンク

 

地域にかかせない病院の存在

そもそも病院とはどのような存在なのかを考えてみます。

まず一番多いのは具合が悪くなった時に行くものだと考えている人が

普通でしょう。

身近なところでは内科や小児科に歯科医院への通院ではないでしょうか。

実際に地域の病院検索をしてみると内科、小児科、歯科医院

整形外科の順になっています。

そのほかにもこれからシーズンを迎える花粉症などでお世話になる

耳鼻咽喉科も地域に存在することがほとんどでしょう。

今回はそんな病院について紹介します。

病院の選び方☆

病院検索をして気がついたのは住んでいる地域の中で入院設備や

検査設備が整った総合病院がバランスよく存在することです★

住んでいる現在地にも歯科医院と内科は徒歩でも行けるところにあり

長年地域住民の健康を見守ってきました◎

具合が悪くなった時にどの病院を選ぶかどうかは自分がどのような症状で

困っているかということが大切でしょう♪

熱が出て困っている時にはまず内科の病院を選ぶのがおすすめです!

小児科が近くにないときでも内科で十分に診察をしてもらうことができます☆

初診料は小児科とほとんど変わらないのも安心できるところです★

病院によっては休診日や受付時間が違うところもあるので

電話してから行きましょう◎

病院が発行する診断書について★

診察の結果を見て入院加療が必要と判断された場合には入院設備の

ないところでは総合病院などへの紹介状を書いてもらうことと

検査データをもらっていくことも大切なことです◎

入院など長期にわたって会社を休んだりするときには必ず医師から

診断書を書いてもらって提出しなければなりません♪

また医療保険などに加入している場合にも保険会社に診断書を

提出する必要があります!

総合病院では通常は紹介状が無いと初診料も多く請求されますので

注意が必要です★

私は最初から総合病院へ行ったのですがその時にはまだ紹介状が

無くても初診料は変わりませんでした◎

しかし病院が移転してからは病床数も減らして病室の空間が

広くなるように改善したこともあってか紹介状が無いと初診料を2,160円も

請求されるようになりました☆

初診料については受付に張り出しているところも多いので

確認しておきましょう♪

入院体験談◎

何回か入院しましたが病室を含めて院内は快適で消灯時間など

スポンサードリンク

時間にうるさいこと以外は何もすることが無くて退屈でした×

最初の入院から4年近く経ちますがまだいつまで通院が続くのか

分かりません(>_<)

病気の原因が分かっていないために治療法が見つからないことも

原因として挙げられますが何よりも一番困ったことが病気になって

会社を辞めなければならず収入が完全に断たれたことです…

医療保険に加入していたので毎月医師の診断書を提出して給付金を

もらっていましたが時間がかかるため生活に影響することもありました★

そこで会社の人に教えてもらったのが全国健康保険協会の

働けなくなった時に医師の診断書に加えて就労できないことを

証明してもらって障害給付金を受けることです◎

申請してから実際に支給が開始されるまでは時間がかかりましたが

毎月安定した収入が最大1年6か月も保証されるので安心して

生活することができました☆

全国のクリニックや病院を検索するならば病院なびが便利です♪

病院なびのホームページではフリーワードで探せるのはもちろん

夜間診療可能か、ネット予約ができるか、キッズスペースがあるかなど

条件を選択して調べられます★

病院なびのホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧