BurnAware Freeとは

BurnAware FreeとはWindowsで使用できる無料ダウンロード可能な

ライティングソフトです。

イメージの書き込みやディスクデータの抽出を可能とするフリーソフトで

使用例としては動画DVDや音楽CD、果てはPCゲームソフトやOSや

パソコンソフトのブート可能なディスクを作成する事が可能です。

そして既存のCD、DVD等からデータを抽出してHDDへの保存

並びにディスクの複製を作り出すことが出来る非常に有用なソフトとして

知られています。

日本語版はありませんが有志が日本語化パッチも提供している為

英語が苦手な方でも簡単にご使用できます。

今回はBurnAware Freeの導入と使い方について紹介しましょう。

BurnAware Free のダウンロード方法★

日本のサイトでも無料配布を行っている大手サイトが幾つか有りますが

大元の海外英語サイト、BurnAwareからのダウンロード方法を

記載したいと思います◎

BurnAware本サイトにアクセスしてまず右上に表示されているメニューの

DOWNLOADを選択しましょう☆

次にFree、Premium、Professionalの三つが左から順番に表示されるので

一番左のFreeを選択します!

最新バージョンが常に表示されるようになっていますのでWindows10を

サポートされたものがインストールされるようになっています♪

日本語版はリリースされておらず日本語化については後述しますので

そのままdownloadかサーバー負荷を避けるために設けられた別サーバーから

経由するmirrorのどちらか好きな方をお選び下さい★

よくわからないようならばそのままダウンロードする方が無難でしょう(^^)

画面が切り替わりますとブラウザが自動的にダウンロードされますが

若しもここで始まらなかった場合はclick hereをクリックする事で

手動でソフトを落とす事が可能です◎

指定の保存先を選ぶかブラウザに設定された指定先フォルダに基づいて

exeファイルがダウンロードされますので、ファイルをクリックして

表示される項目に従ってEnglishの物をインストールしましょう☆

使い方・日本語化する方法◎

このままでは英語のままですので日本語化する方法をご紹介します★

ソフトの非公式の日本語化は主に有志が無料で提供してくれる

サービスになりますので検索エンジン等でパッチを提供しているサイトを

探してみましょう!

大元のサイトとは関わりないので、ここでは提供元サイトに応じて

個人で確認してもらいますが、そのようにしてパッチをダウンロードし

落としたファイルを解凍して拡張子がlngとなっている

ランゲージファイルの存在を確認してください☆

名前はjapaneseや~JPと言ったようなファイル名になっている事が

基本だと思います♪

前述した内容で実行ファイルの通りにソフトをインストールして

頂けたのであれば、ディスクCのProgram Files (x86)というフォルダの中に

BurnAware Freeというフォルダが出来ているはずです◎

そのフォルダの中にもし拡張子lngのファイルがあればそれを削除して頂き

先ほどダウンロードした拡張子lngの日本語化パッチをそのフォルダに

移動、もしくはコピーします★

こちらは管理者権限が必要になりますのでadminを所有している

アカウントで作業しましょう!

日本語化することでより便利に使いやすくなると思うので

ぜひチャレンジしてみてください(^^)

使い方・イメージファイルを作成する方法☆

それでは早速iso等のイメージファイルを作成する方法を説明していきます◎

まずドライブにCD、DVD、ブルーレイいずれかのディスクを挿入し

デバイスとドライブの画面等で表示されることを確認しましょう★

BurnAware Freeを起動しディスクイメージというタブのイメージへ

コピーを選択しましょう♪

もしもディスクからではなくHDDにあるデータファイルからディスクを

作り出す場合はISO作成になります!

ディスクからのイメージの作成という画面が表示されますので

上部のテキストボックスに表示された指定のドライブが正しいかどうかを

確認し、違うドライブであればクリックして変更しなおしてください☆

それが済みましたら下部のディスクイメージのパスの隣にある参照を

クリックして保存先と名前を指定します◎

任意のファイル名、歩残先の指定を終えましたら保存をクリックして

頂くと元の画面に戻りますのでディスクイメージのパスが指定した物と

同一である事を確認の上で左側上部、コピーのボタンをクリックしましょう★

するとISO作成が始まりますのでしばらく作業報告画面が表示されます♪

100%になりますと自動的に完了画面が表示されますので

「コピー処理が正常に確認しました」という表示を確認の上で

ソフトを終了させましょう!

指定したパスのディレクトリに移り、イメージが出来上がっていましたら成功です◎

使い方・イメージファイルを書き込む方法!

次に所有しているISO、もしくはCUEのイメージファイルをCD

DVDやブルーレイディスクに書き込む方法を紹介します★

まずドライブに空のディスクを挿入しデバイスとドライブの画面等で

表示されることを確認します◎

ここで先に注意してほしい事として詳しい事は後述しますが

両面式のディスクの使用を避ける事です☆

以上を終えましたらBurnAware Freeを起動しディスクイメージという

タブのISO書き込みを選択しましょう♪

画面が出てきましたら書き込み対象イメージファイルの右にある参照を

クリックし、対象のディスクイメージを選択します!

最下部ではどの規格のCDに書き込むかを指定するボックスがありますので

ご使用のディスクに合わせて選択してください★

700MBのCD、4.7GBの片面一層式DVD、8.5GBの片面二層式DVD

25GBの一層式ブルーレイディスク、50GBの二層式ブルーレイディスクとあり

残念ながら両面式は利用できないようですので注意が必要です◎

上記の対応可能なメディアを用意しましょう(^^)

全ての準備が整いましたら右下の赤いマークが目印の書き込みを

クリックしてください☆

作業報告画面が表示され作業終了後に自動的に完了画面が表示されますので

正常に確認しました、という表示を確認の上でソフトを終了させましょう♪

最後に書き込まれたディスクを確認して作業完了です!

BurnAware Freeのホームページでは無料版に加えて、より高機能な

有料ライセンスも用意されているので興味がある人は覗いてみてはいかがでしょう?

BurnAware Freeのホームページはこちらです。

関連記事

記事一覧