スポンサードリンク

 

マイクロソフトが提供している

マイクロソフトオフィス2016というのは、パッケージ版で

販売されているオフィスソフトのことです。

オフィススペシャリストというオフィスソフトを利用する際の

資格試験にも採用されているくらいです。

価格コムなどで確認すると販売されているところを探すことができます。

フリーオフィスソフトとは異なって有料でサービスを

利用することになるため、まずは製品を購入してプロダクトコードを

入手しなくてはいけません。

ただ、こうしたMicrosoftが提供しているソフトウェアに関しては

近年大きな誤解をしている人も少なくありません。

ダウンロードして使える

Microsoftは利便性や簡易性などを考慮して最近ではこうした

パッケージ版のソフトウェアを提供することを縮小させていっている

傾向があります。

具体的には、インターネット上のダウンロードなどを利用して

使えるようにしているわけです。

こうしたソフトは別のOfficeソフトとしてバージョンが

与えられているため、厳密に述べると全く同一の使い方が

できるわけではありません。

確かに、ダウンロード版のソフトは使いやすいというメリットが

あるのですが、再インストールを行う際に面倒なことが起きる

可能性もあります。

注意点について

例えば、継続年数で利用している場合です。Microsoftは

こうしたダウンロード版のサービスに対して期間限定の

サービスとしてオフィス機能を利用させるようにしています。

1年なら1年で、3年ならば3年でという具合に利用できるように

しているわけです。

当然ですが、その期間が経過してしまうと利用することができなく

なるため、ユーザーによってはその期間を経過すると使わなくなって

しまうこともあります。

この場合に、後から同じようにダウンロード版のオフィスソフトを

別のデバイスで同じように使う場合に不具合が生じてしまうことも

あるのです。

アカウントはマイクロソフトアカウントで管理されていますが

1度インストールされたソフトウェアはデバイスごとに

管理されています。

そのため、利用期間外の時に別のデバイスに交換してしまっていた

場合には、認証が認められないケースがあるわけです。

こうした問題点を解決するのは、初心者だとかなり面倒です。

一方で、パッケージ版のマイクロソフトオフィス2016は料金は

1回払いで、再インストールも難しくありません。

スポンサードリンク

同じDVDをデバイスに入れればそれで良いだけなので、長い期間で

利用しやすいメリットがあるのです。

スポンサードリンク

―――

コチラもチェック下さい

関連記事

記事一覧