スポンサードリンク

 

ついつい夢中になってしまう

四川省ゲームが愛される理由というのは、やはりそのゲーム性が

大きいでしょう。

ルール的には、一見するとちょっと複雑そうに見えるかもしれませんが

実際に覚えてみるとそんなことはなく、ゲーム中にいちいちルールを

見直したりする必要はまずありません。

つまり、サクサクとテンポよく進められるという一種の

中毒性があります。

しかし、これは単なるスピード、アクション性が求められる

ゲームではありません。

タイムアタックなどスピードやテンポの良さも重視したゲーム性で

仕上げられているものも多いですが、しっかりと画面を見て

考えるということも必要です。

ブラウザで遊べる

ルールの他に、基本的に無料ゲームであるということも大きいでしょう。

いくら中毒性のあるゲームでも、課金されるなど有料となると

躊躇する人も多くなるかもしれませんが、例えばgooなど、多くの

サイトで料金はかかりません。

また、無料ダウンロードといったことも必要なく、ブラウザで

遊べる手軽さも大きいでしょう。

ここまで四川省が愛される理由を説明してきましたが、一体どんな

ゲームなのかと気になってきた人もいるかもしれません。

これは、麻雀牌を使った二角取りと呼ばれるゲームです。

牌を使うとは言っても、麻雀のルールを知っている

必要は全くありません。

同じ牌、異なる牌を見分けることさえできれば問題はありません。

ゲームの説明

この牌が、初期配置としてランダムに長方形型に並べられたところから

ゲームは始まります。

そして、二角取りという言葉の意味は、同じ牌どうしであって、かつ

その2つの牌について縦か横に直線を引いて結ぼうとするとき

折れ曲がる角の数が2回以内で結べるときに限って

取り除けるということです。

言葉で説明すると何のことかさっぱり分からないと思われるかも

しれませんが、慣れてくればそうでもありません。

例えば、初期配置で最も外側の同じ辺上にあり、かつ隣り合っていない

同じ牌2つを考えます。

この2つの牌を縦か横に直線を引いて結ぼうとしてみてください。

コの字状に直線を引くことで両者を結ぶことができるでしょう。

コの字は折れ曲がる角の数が2つですから、この2つの牌は

取り除くことができます。

一方、初期配置で最も外側にあるけれども、同じ辺上にはない2つの

牌を考えてみますと、この2つの牌はどうやっても折れ曲がり回数

スポンサードリンク

2回以内の直線で結ぶことができません。

つまり現状では取り除けないわけです。

このように取り除ける牌を次々と取り除いていって、最終的に

全ての牌を無くすことができれば成功です。

スポンサードリンク

―――

コチラもチェック下さい

関連記事

記事一覧