スポンサードリンク

 

コンビニで使えるセブン銀行

セブン銀行とはイトーヨーカドーやセブンイレブンなどで有名な

セブンアンドアイホールディングスに所属する会社です。

筆頭株主はセブンイレブン・ジャパンで2014年3月31日時点で

38%以上の株を取得しています。

店舗は公式ホームページで取引できる、インターネットバンキングが

使えるインターネット上の支店が12店舗存在します。

セブン銀行の特徴とは?

セブン銀行の支店名は口座開設月によって決まっており

1月ならばマーガレット支店で支店コードは101

2月ならフリージア支店で支店コードは102です◎

このように12の支店の全てに花の名称が使われているのが特徴的です★

口座開設月で決まるというのがユニークですね(^^)

セブン銀行のホームページでログインすることで自分専用のページで

さまざまな取引ができるようになります♪

口座開設に関してもホームページで行えますが、インターネット

専業銀行ではあるものの、口座開設の申し込みを受け付ける実店舗として

出張所がいくつか存在しますから、近くに店舗があればそこで

手続きをしても良いでしょう☆

インターネットで取引するなら24時間休まず営業しているものの

口座開設や住宅ローンの相談ができる出張所は各店舗によって営業時間が

違ってきますので注意が必要です(^^)

ATMが便利♪

普段の口座管理や入出金などはインターネットバンキングか

さまざまな店舗に設置されているセブン銀行のATMで行います★

セブンアンドアイホールディングス関連の商業施設なら殆どの店舗に

セブン銀行のATMが存在しますので、買い物ついでに利用することが

できて便利です◎

セブンイレブンに設置されたものならほぼ無休で

1日中使うことが可能です!

24時間営業のコンビニならではの安心感があります(^^)

このほかにも高速道路のサービスエリアや空港、駅やオフィスビルにも

ATMが設置されています☆

またセブン銀行のキャッシュカードはゆうちょ銀行やそのほかの

金融機関のATMでも使用することが可能です♪

セブン銀行のATMを使った場合のATM手数料ですが

預け入れならいつでも無料です!

引き出しだと7時~19時までは無料でそのほかの時間帯は

108円がかかります★

振込について★

振込手数料はインターネットバンキングでもセブン銀行のATMでも

スポンサードリンク

同じ料金に設定されています◎

セブン銀行宛の振込なら54円、他行宛だと216円が発生します!

セブン銀行宛の振込は即時反映されますのでタイミングを選びません♪

他行宛は一般的な銀行と同じで平日の15時まで反映されます☆

それ以降の時間帯の受付だと予約扱いになり翌営業日に

反映される仕組みです(^^)

ATMでは振込手続きの変更や取消ができませんので慎重に行いましょう★

振込は全て口座間で取引され、現金の取り扱いはできず硬貨も

使えませんので注意しましょう☆

ゆうちょ銀行ATMやその他の金融機関のATMだと手数料や取り扱い内容が

異なってきますから、詳しくはセブン銀行のホームページで

確認してください◎

キャッシュカードにはデビット機能が付いたものが存在します☆

また電子マネーのnanacoの機能まで付いており、使い勝手が良いです(^^)

これらのカードはホームページから申し込みすることが可能です♪

セブン銀行のホームページはこちらです。

スポンサードリンク

―――

関連記事

記事一覧